秋元真夏2nd写真集、マジで酷すぎ、泣きたい・・・

スポンサーリンク

こんにちは さゆぞう です。

本日はこのブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

最後まで読んでいただけるように全力で頑張りたいと思います。

本日のブログは

私を含めた多くの方々が大注目していたと思われる作品の評価です。

私については2冊購入した作品なのですが、

その内容については本日のタイトルからも分かる様に

ファン目線を入れたとしても “ マジで酷い ” のひと言です。

作品の内容の酷さを嘆くと共に

内容を確認しないで、2冊購入をした自分自身に呆れています。

何とか気持ちを奮い立たせて

作品の評価をメイン記事にして

いつも通りの個人的趣味に走ったプチ情報を併せた2本立てで

アッサリだけど良い感じの後味が残る情報をお届けいたします。

正直言って、心が折れてます・・・(涙)

引用:https://twitter.com/manatsu_2nd

1月、2月と打って変わって

3月に入ってからは期待感が大きい作品に限って、

見事に期待を裏切られ続けている私です。

注目作品にあるにもかかわらず、評価を書いていない作品については

私の中の気持ちが折れてしまったからです。

本日ご紹介する作品については

作品のあまりの酷さに心は粉々に砕けているのですが、

怒りのパワーで頑張りたいと思います。

このブログを継続してご愛読いただいている方については

私の趣味嗜好を分かっていただけていると思いますので

私と逆の趣味嗜好の方については

本日の評価は 逆指標 として考えてください。

本日は怒りのパワーしかエネルギーがありませんので

作品のモデルを務めている方のプロフィールなどを書く様な

余分なチカラはありませんので

評価ポイントのみを書いていきたいと思います。

秋元真夏2nd写真集、マジで酷すぎる、泣きたい・・・

引用:https://twitter.com/manatsu_2nd

本日ご紹介する作品は

4月8日に発売された 秋元真夏さんの2nd写真集 です。

発売日直前に

写真集公式アカウント と 芸能ニュースサイト を中心にして

グラビア満足度高めの先行カットが公開された為だと思いますが

発売日直前に 発売日前重版 が決定された程、前評判が高かった作品です。

秋元真夏 2nd写真集

タイトル  : 秋元真夏2nd写真集:『 しあわせにしたい 』
モデル   : 秋元真夏( アイドル:乃木坂46 )
出版社   : 竹書房
サイズ   : A4変型 160ぺージ ソフトカバー ( 版元ドットコム )
カメラマン : 倉本GORI
ロケ地   : イタリア、沖縄県・竹富島
発売日   : 2020年4月8日
価格    : 税込み 2,200円 


作品評価

サイズ    : ★★★★☆
ボリューム感 : ★★★★
内容     : ☆☆☆☆

総合評価 : ★☆☆☆☆

タイトルの『 しあわせにしたい 』という言葉が

2冊購入をして不幸のどん底に落ち込んでいる私の心に空しく響いています。

内容と総合評価については

最低評価の ★☆☆☆☆☆ をつけてはいますが、

本心としては ☆☆☆☆☆ という感じですね。

1つ目の評価ポイントである サイズ については

A4判を基準に考えていますので

A4判よりひと回り小さなサイズの A4変型 ということで

ワンランク下げた ★★★★☆ をつけました。

この点に関しては完全に機械的です。

2つ目の評価ポイントである 価格面から見たボリューム感 については

内容の良し悪しは全く考慮しないで

単純にページ数と価格だけを考えています。

今回の秋元真夏さんの2nd写真集については

税込み価格2,200円 という比較的、低価格の作品なのですが、

160ぺージ という “ 破格のページ数 ” となっています。

このことから考えると

★★★★★ で問題ないと思います。

ただ、このことは坂道メンバーの作品を購入する度に感じるのですが、

坂道メンバーの作品については

価格が安い分、当然ですが 紙の質 は下がります。

集英社、講談社、そして小学館など

業界最大手の出版社が出版元を務めるグラビア写真集において

グラドルや他のアイドルの写真集と坂道グループメンバーの写真集を比べた場合、

坂道グループメンバーの写真集の紙の質の悪さは

それなりには感じますが

それほど大きな差ではないと思っています。

ただ、今回の秋元真夏さんの作品を手掛けた竹書房などをはじめとした

業界2番手のランクにある出版社が出版元を務めた作品に関しては

他のグラドルやアイドルの作品と比べると

坂道グループメンバーの写真集の紙の質の悪さをハッキリと感じます。

この件については

ネット上では前々から指摘する方が多かったのですが

私はこの部分については

価格が安いのだから致し方ないと思っていましたし、

私自身がこの点については少し鈍感なので

あまり触れてこなかったのですが

今回の秋元真夏さんの2nd写真集に関しては

私でさえも紙の質の悪さを強く感じましたので、

多くの方々が感じていると思われます。

私の中では 幻冬舎 が手掛けた作品の紙の質の悪さが

断トツにトップだと思っていましたが

今回の竹書房の紙の質はそれに近いものがあると思います。

グラビア写真集としては最低レベルだと思います。

坂道グループのメンバーの写真集については

価格は税込みで 2000円前後 で

ページ数は 120ぺージを超える作品 が殆どです。

しかも、確実に海外ロケが行われますので

利益のことを考えると

紙の質を下げるのが一番簡単な方法なのかもしれません。

作品の内容と値段の高さはともかくとして

紙の質は比較的良い ワニブックス が

来月発売される 堀未央奈さんの2nd写真集 までは

坂道メンバーの作品を一切手掛けてこなかったのは

この辺りにも理由があるのかもしれません。

あくまでも個人的推理ですけど・・・

そして、ここからは

グラビア写真集の肝である 内容 について語っていきますが、

その全体として

カット自体にパワーを感じませんでしたし、

何よりも 構成が酷い のひと言です。

この事が理由なのかは分かりませんが、

今回の秋元真夏さんの2nd写真集については

1つの異変が起きています。

それは Amazonのレビューが現状で1件しかない ということです。

この記事を書いている4月9日の20時過ぎの時点において

Amazonレビューは1件しかありません。

この作品に関しては公式の発売日は4月8日ですが

早い書店では4月6日に店頭に並びましたし、

4月7日には殆どの書店の店頭で販売が開始されたと思います。

坂道グループのメンバーの写真集においては

作品の販売開始と共に

ファンだと思われる方々の作品を絶賛するレビューで溢れかえるのですが、

今回の秋元真夏さんの2nd写真集については

それが今のところ、全くないのです。

私の好きなハロプロメンバーの作品でも

もう少しは集まります(笑)

ファンの方も私と同様、

心が折れてしまったのかもしれません。

今回の作品の出版元である 竹書房 については

以前の記事で書いたと思いますが、

発売されるその殆どの作品は

大人のアイドルをモデルにした作品です。

私の記憶が確かならば

ここ4~5年は純粋なアイドルの作品は手掛けてないと思います。

竹書房が手掛けた作品については

2~3年前まではとても良い作品が多かったのですが

最近の作品に関しては

1ページに複数のカットをレイアウトしたページがとても多い作品を制作します。

通常の出版社の場合は

複数のカットをレイアウトする場合では

1ページに2カットのレイアウトが基本となっていますが、

竹書房の場合は

1ページに4カットは当たり前で

酷いモノになると

1ページに10カット近いカットをレイアウトすることも多々あります。

そんな 竹書房 に対して

今回の秋元真夏さんの2nd写真集は

純粋なアイドルの作品だから大丈夫かも・・・という

私の淡い期待は見事に裏切られた形となりました。

今回の秋元真夏さんの2nd写真集については

1ページに複数のカットがレイアウトされたページと

カットの上下や左右に白い大きめの余白のあるぺージで

全体の約半分が占められています。

また、1ページに複数のカットをレイアウトしたページについては

一般的な作品の様な2カットのレイアウトではなく、

3カットや4カットとなっています。

更に、1ページに複数のカットがレイアウトされたうえに

ページの上下左右を大きめの白い余白で囲っているページも

結構なページ数であります。

悪い意味でのテクニックを使用したページのオンパレードなのです。

1カット、1カットを見るとそれなりに良いカットもありますが、

1カットが小さいので秋元さんの魅力を強く感じることができないのです。

そんなカットが作品の約半分を占めているのです。

カットの内容については

ハッキリ、クッキリととした単純明快な明るいカットで

秋元さんの表情がキチンと表現されており

1カット、1カットはそれなりにレベルが高いと思いますが、

小さなカットが全体の半分を占めている為

大きめのカットの連続性がなく

インパクトが非常に弱い作品となってしまっています。

カットの良さを見事なまでに構成が殺した作品となっていました。

カットについては

シッカリと見るとそれなるの良さを感じるのですが

初見の段階で見る側の心をガチっと掴むほどのインパクトは感じません。

明るいカットでグラビア満足度もそれなりにハイレベルなのですが

正直言って、何度も見返したいと思うような作品ではないのです。

繰り返し見たくなるようなパワーを感じないのです。

グラビア満足度については

前評判通り、ハイレベルではありましたが、

アイドルの写真集としてはグラビア満足度の高いカットが多い

乃木坂メンバーの写真集としては通常レベルをちょっと超えた位です。。。

なので

乃木坂メンバーの作品を見続けてきた私としては

『 うぉぉ~ 』という感じではなく、

『 ふぅ~ん 』という感じでした。

あまりダラダラと書いていても仕方ありませんので

この辺りでまとめに入りますが、

今回の秋元真夏さんの2nd写真集に関しては

1カット、1カットを物凄く集中して何度も見返せば

それなりに良さを感じることができると思いますが、

初見の段階でもう一度見返したくなるような

見る側の心を引きつける強いパワーを感じることはありませんでした。

しかも

1ページに複数のカットをレイアウトしたページや

ページの上下や左右に大きめの白い余白をとってページなど

悪い意味で最近流行りのテクニックを使用したカットが乱用されているので

それでなくてもパワーの無いカットなのに

1カット、1カットが小さいので

見る側に秋元さんの魅力が全く伝わってこないのです。

それらのことを踏まえて 内容面 については

個人的な趣味嗜好が強く入っていますが

★☆☆☆☆ で十分だと思います。

本音を言えば ☆☆☆☆☆ です。

総合評価については

他の評価ポイントは合格点がついていますが

グラビア写真集の肝である 内容面 が

あまりにも悪すぎるので

堂々と ★☆☆☆☆ をつけたいと思います。

今回の 秋元真夏さんの2nd写真集 に関しては

インスタの画像の様な小さなカットが好きな方にとっては

それなりに良い作品だと思いますが

私の様に大きなカットでモデルの表情を見たいタイプの人には

絶対にオススメできない作品だと思います。

私自身としては

全くオススメできない作品なのですが、

インパクトは弱いけれど

それなりにレベルの高いカットが多いので

小さなカットが気にならない方には

好みの作品なのかもしれません。

ただ、何度も書いていますが

私と同じで

ストレートな構成で大きなカットが見たいという方にとっては

最低最悪の作品だと思いますので

くれぐれもご注意ください。

よろしくお願いします。

スポンサーリンク

本日のプチ情報!!

それでは本日のプチ情報です。

本日はプチ情報も乃木坂です。

ネット上では

乃木坂46のメンバーである

鈴木絢音さんの写真集 が話題となっています。

その情報の発信元は

幻冬舎の代表取締役である 見城徹さん が発信した

トークアプリ755 からみたいです。

代表取締役の言葉なので信憑性が高いと思われがちですが

2017年6月位に755で発信された

北野日奈子さんの1st写真集 が発売されたのは

1年半後の2018年12月ですし、

検討していると発信していた

齋藤飛鳥さんの2nd写真集については

発信してから3年近く経っていますが

全く音沙汰なしの状態が続いています。

つまり、見城さんの発信は

信憑性がありそうですが、

ない場合も結構あるのです。

個人的には

話半分くらいに思っておいて

出たら良いなぁ~くらいがちょうど良いと思います。

ただ、火のないところには煙は立たずと言いますので

来年位に、もしかしたら・・・

こんな感じで思っておいてください。

よろしくお願いします。


本日の記事は以上となります。

この記事やブログに対する感想や皆様がお持ちの写真集情報を

コメント欄から頂ければ本当に嬉しいです。

心よりお待ちしています。

本日はこのブログをご愛読いただきまして

誠に有難うございます。

次回も全力で頑張りますのでよろしくお願いします。

さゆぞう でした。

スポンサーリンク