永野芽郁2nd写真集、ここまで酷すぎるとは・・・

スポンサーリンク

こんにちは さゆぞう です。

本日はこのブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

最後まで読んでいただけるように全力で頑張りたいと思います。

本日のブログは

4月19日のブログで心配していた作品に対する評価をメイン記事にして

いつも通りの個人的趣味に走ったプチ情報を併せた2本立てで

アッサリだけど良い感じの後味が残る情報をお届けします。

永野芽郁2nd写真集が酷かった(涙)

引用:https://twitter.com/meichanchan924

それでは本日のメイン記事です。

最初に謝っておくのですが

本日のメイン記事は作品の評価なのですが、

通常の評価の記事にある様な作品のモデルを務めた方のプロフィールなど

細かな部分については書かないと言いますか、書けないと思います。

昨日のブログは時間的なことがあり、

尻切れとトンボ的な記事となってしまいましたが、

本日の記事に関しては記事を書くパワーがないので書けないというのが

本日の記事のボリュームが少ない理由です。

私の悪いところなのですが

世間的に大注目作品であるにもかかわらず、

私の好みから大きく外れた酷い内容の作品ついては

書く意欲が無くなってしまう為、評価を書いていませんでした。

ただ、本日ご紹介する 永野芽郁さんの2nd写真集 に関しては

4月19日のブログで採り上げたこともあるのですが、

その内容があまりにも “ 酷すぎる ” ことから

気持ちを奮い立たせて、その評価を書く決意を固めました。

今回の永野芽郁さんの2nd写真集については

通販サイトのレビューでは良い評価を見受けられます。

この記事における私の評価のについては

あくまでも私個人的な評価となりますので、

私と同様で

ハッキリ、クッキリとした単純明快な明るいカットが

王道的なレイアウトで構成されたストレートな作品が好きな方は

そのまま受け取っていただいて良いと思いますし、

その逆で

色々とテクニカルなレイアウトを駆使した

芸術性高めの作品が好きな方は逆指標にしてください。

永野芽郁さんのプロフィール・・・

引用:https://twitter.com/meichanchan924

本日ご紹介する作品のヒロインを務める 永野芽郁さん については

私に書くパワーが無いこともありますが、

永野さんが朝ドラのヒロインをはじめとして、

多くのドラマや映画で活躍する有名女優であることから

本日は省略させていただきます。

そんな永野芽郁さんの細かい部分に興味を持たれた方については

Wikipedia のリンクを貼っておきますのでご利用ください。

 永野芽郁さんのWikipediaのリンクです。

※ 永野芽郁さんのWikipediaはこちらからどうぞ!!

永野芽郁2nd写真集、その評価は・・

引用:https://twitter.com/meichanchan924

それではここから作品の評価に入っていきたいと思います。

永野芽郁 2nd写真集 

タイトル  : 永野芽郁 2nd写真集『 No cambia 』
モデル   : 永野芽郁( 女優 )
出版社   : SDP
サイズ   : B5判 160ぺージ( 永野芽郁2nd写真集特設ページ )
カメラマン : 伊藤彰紀
ロケ地   : メキシコ・グアナファト
発売日   : 2020年4月24日
価格    : 税込み 2,200円 


作品評価

サイズ    : ★★★☆☆
ボリューム感 : ★★★★★
内容     : ★☆☆☆☆



総合評価 : ★☆☆☆☆

永野芽郁さんの2nd写真集の評価がコチラになります。

ある程度の酷さは覚悟して購入しましたが、

正直言って、まさかここまで酷いとは・・・というのが感想です。

先ず最初の評価ポイントとして

その サイズ ですが

永野芽郁さんの2nd写真集に関しては

B5判 ということで

A4判を基準サイズと考えて評価をしていますので

2ランク下がった ★★★☆☆ をつけています。

この部分はある意味で機械的です。

続いては 価格面から見たボリューム感 ですが

税込み価格2,200円 の作品で

160ぺージ という “ 特盛り ” とも言えるページ数なので

この部分については

★★★★★ で問題ないと思います。

そして、ここからは

写真集にとって肝心要のポイントである

内容 について語っていきたいと思います。

この作品の内容については

カット面においては

ハッキリ、クッキリとまではいきませんが、

単純明快な明るいカットなっており

永野芽郁さんの様々な表情を見ることができます。

しかし、今回の永野芽郁さんの2nd写真集に関しては

その素晴らしいカットを楽しむことができません。

その理由をここから語っていきたいと思います。

今回の永野芽郁さんの2nd写真集については

私の記憶が確かなら

見開き2ページで1カットの特大カットは2カットしかありません。

ストレートの構成のページは

1ページに1カットの大きめのカットが中心となります。

私個人の意見としては大体の場合、

1ぺージに複数のカットをレイアウトしたページや

カットの上下や左右に大きめの余白をとったぺージなどの

このブログで言います、悪い意味でテクニカルなページが

全体のページ数に対して3割くらいを超えてくると不快感を思えます。

今回の永野芽郁さんの2nd写真集については

その5割以上が

その悪い意味でテクニカルなページで占められています。

特に1ページに複数のカットをレイアウトしたページをメインにして

余白と複数が合体したページも存在します。

1ページに複数のページがレイアウトされていますので

1カット、1カットがサイズ的に小さくなり、

永野さんの印象はとても弱くなります。

元々、写真集のサイズが B5判 という小さめなサイズなので、

1ページに複数のカットをレイアウトした場合、

その1カットはとても小さくなります。

しかも、この作品については

1ページに2カットは当たり前という感じで

1ページに3カット、4カットという様なぺージも数多くあります。

中には見開き2ページで40カットが配置されたページもあるのです。

またこの作品では

1ページに2カットをレイアウトする場合でも

単純に同じ大きさの2カットをレイアウトするのではなく、

大きさの違うカットをレイアウトしているページも結構あります。

しかも、そのレイアウトも普通に並べるのではなく

不規則に並べているページが多いので

色々な意味にでゴチャゴチャしており

作品自体に集中することができないのです

また、その細かいカットも

単純に長方形ではなく、様々な形になっており、

ゴチャゴチャ感に拍車をかけます。

今回の永野芽郁さんの2nd写真集については

ストレートな構成のページは良いと思いますが

悪い意味でテクニカルな構成のページの量が

ハンパ無く多いだけでなく、

様々な悪いテクニックが複合することにより

ゴチャゴチャ感をより強くし、

見る側が作品に集中することを阻みます。

1ページに複数のカットがレイアウトされたページが非常に多い為に

当然ですが、その1カットの大きさが小さいモノなりますので

見る側に伝わる永野さんの表情の印象はとても弱いですし、

小さなカットが多く並ぶことにより、ゴチャゴチャ感が生まれ

作品に集中しることが困難となり、

見終わった後に、永野さんの印象は殆ど残っていないのです。

そんな、永野芽郁さんの2nd写真集に対する 内容 の評価については

ある意味で自信を持って ★☆☆☆☆ をつけたいと思います。

総合評 については

サイズ 、ボリューム感 という2つの評価ポイントを考慮したうえで

写真集にとって肝心要の重要ポイントである 内容 を加重して考えていますが、

今回のの永野芽郁さんの2nd写真集においては

内容の悪さ を加重して考えて

堂々の ★☆☆☆☆ をつけたいと思います。

まとめ・・・

引用:https://twitter.com/meichanchan924

今回の永野芽郁さんの2nd写真集については

良いとこが全く無いとは言いませんが、

悪い部分があまりにも多すぎるので

その良い部分が全て消されて、

永野さんの魅力が全く伝わってこない最悪の作品となっていました。

4月19日のブログに書いた様に

元々、期待感よりも心配の方が大きな作品でしたが

ここまで酷いとは思いませんした。

永野芽郁さんの2nd写真集に関しては

私と同じ趣味嗜好を持った方には絶対にオススメしない作品です。

そして、私とは真逆の趣味嗜好の方については

逆指標をして考えてみてください。

永野さんについては

1st写真集も酷かったですが、

2nd写真集については

1st写真集を大きく超えた酷い作品となっていました。

写真集運の悪い女優 なのかもしれません。

今回の作品の出版元である SDP については

泉里香さんの2nd写真集以上の駄作を生み出したことを猛省し、

今後はストレートな構成の良い作品を制作してくれることを

切に願いたいと思います。

★ 永野芽郁さんの2nd写真集に関連の内部リンクです。

※ 4月19日のブログはこちらからどうぞ!!

スポンサーリンク

本日のプチ情報!!

それでは本日のプチ情報です。

本日4月27日月曜日は

週刊ヤングマガジン 、 週刊ビッグコミックスピリッツ が発売されます。

どちらも合併号となりますので

ヤンマガは 沢口愛華さん 、スピリッツは 齋藤飛鳥さん という感じで

非常に豪華なラインナップとなっています。

外出自粛の時期とはなりますが

当然ですが、要チェックとなりますので

よろしくお願いします。


本日の記事は以上となります。

この記事やブログに対する感想や皆様がお持ちの写真集情報を

コメント欄から頂ければ本当に嬉しいです。

心よりお待ちしています。

本日はこのブログをご愛読いただきまして

誠に有難うございます。

次回も全力で頑張りますのでよろしくお願いします。

さゆぞう でした。

スポンサーリンク