大島涼花さんの1st写真集、マジで可愛かった!!

2020年5月27日

スポンサーリンク

こんにちは さゆぞう です。

本日はこのブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

最後まで読んでいただけるように全力で頑張りたいと思います。

本日のブログは

私の5月の大注目作品の 評価 をメイン記事にして

いつも通りの個人的趣味に走ったプチ情報を併せた2本立てで

アッサリだけど良い感じの後味が残る情報をお届けします。

大島涼花さんの1st写真集が可愛かった・・・!!

引用:https://twitter.com/sanjinooyatsu23

それでは早速、本日のメイン記事からです。

本日は先日5月20日に 双葉社 から発売された

元AKBメンバーで現在は女優業をメインに活動している

大島涼花さんの1st写真集 の 評価 です。

この 大島涼花さんの1st写真集 に関しては

5月14日 と 5月17日 という

直近の2回のブログで採り上げた私の大注目作品の1つでした。

そんな 大島涼花さんの1st写真集 については

2度のメイン記事でも書いた様に

ある部分において不安感が存在して作品でしたが

写真集からの先行カットのグラビアなどの情報が全く出てこなかったので

楽しみであると共に心配でもあった作品でした。

そんな 大島涼花さんの1st写真集 は果たしてどんな作品だったのか・・・??

早速、評価を始めていきたいと思います。

大島涼花さんの1st写真集、その評価!!

引用:https://twitter.com/bot_bijo_bot

大島涼花さんの1st写真集 に対しての 私の評価 がコチラになります。

大島涼花 1st写真集

タイトル  : 大島涼花 1st写真集:『  』
モデル   : 大島涼花( 女優、タレント )
出版社   : 双葉社
サイズ   : A4判 80ぺージ ハードカバー ( 版元ドットコム )
カメラマン : 植野恵三郎
ロケ地   : 不明
発売日   : 2020年5月20日
価格    : 税込み 3,850円 


作品評価

サイズ    : ★★★★★
ボリューム感 : ★★★★☆
内容     : ★★★★☆

総合評価 : ★★★★☆

いつもは完全に独断と偏見に満ちた私の好みに偏った評価を書いてきましたが、

今回の 大島涼花さんの1st写真集 に対する評価は

一般的なことを意識して判断した部分が大きいと思っています。

本日の評価に関しては

いつも通りのパターンに加えて

私が不安に思っていた部分に対する答え合わせも加えて書いていきたいと思います。

この作品に関しては

双葉社が出版元を務める作品ということで

ネット上に公表された発売日が

5月20日、5月21日、5月22日 の3パターンがありましたが

私としては自身の経験則から

Amazon で公表された 5月20日 を

このブログでは記載していました。

私は 大島涼花さんの1st写真集 については

フライングゲットがやりにくい支店である

最近、営業を再開したばかりの

私の御用達の 紀伊國屋書店の某支店 で

5月20日 に購入しました。

複数の発売日が公表される 双葉社が出版元の作品 については

私の経験則通り、Amazon で公表された発売日に

書店の店頭における販売が始まったことになります。

私が購入した 紀伊國屋書店の某支店 については

先程も書いた様に、フライングゲットがやりにくい支店ですし、

5月19日の段階では支店の在庫が無かったことは私が確認しており、

5月20日の販売開始はフライングゲットでは無いと言えますので

双葉社が出版元を務める作品に関しては

私の経験則通り、Amazon が公表している 発売日 を

今後も基準に考えて良いと思っています。

それではここから 作品の評価 をしていきたいと思います。

先ず最初のポイントは 写真集のサイズ となりますが

今回の 大島涼花さんの1st写真集 については

グラビア写真集の基準サイズである A4判サイズ となりますので、

機械的に ★★★★★ をつけています。

続いては 価格面から見たボリューム感 になりますが、

税込み価格 3,850円 の作品でありながら

ページ数が 80ぺージ というのはコスパの悪さを強く感じますので

2ランクダウンでも良いと思いますが、

この作品がハードカバー作品であることをプラスに考えて

1ランクダウンに留めた ★★★★☆ をつけています。

それではここからは

グラビア写真集の肝心要のポイントである

内容 について語っていきます。

先ず最初に最近の作品において

その内容の出来を大きく左右するポイントである

作品の構成 についてです

今回の 大島涼花さんの1st写真集 については

私の計算が確かならば

カットの上下や左右に白い余白があるページや、

1ぺージに複数のカットをレイアウトしたページなどの

悪い意味でテクニカルなページは

全体に対して15%にあたる12ぺージだと思いますので

数量的には許容範囲となっています。

また、悪い意味でテクニカルなページの構成に関しても

1ページに複数のカットをレイアウトしたページについては

3ページくらいで収まっていますし、

余白をとったページについては

カットの上下を大きめの白い余白で埋めたページではなく、

1cm位の細い余白でカットの周りを囲ったページとなっており、

カットを極端に小さくするものではありませんでした。

また、差し込まれるタイミングも

1ページに1カットの大きめのカットや

見開き2ページで1カットの特大カットという

グラビア写真集の王道的レイアウトのページが連続した中に

絶妙なタイミングでテクニカルなページが差し込まれてくるので

スパイス的な効果が発揮され、

カットの流れの中に良い感じの変化が加わるので

作品が単調になることを防いでくれています。

今回の 大島涼花さんの1st写真集 については

1ページに1カットの大きめのカットと

見開き2ページで1カットの特大カットという

グラビア写真集の王道的なレイアウトのカットが中心となっていますが

所々に差し込まれてくるテクニカルなカットが

作品にアクセントを加えると共に

作品全体をシッカリと引き締める効果を見事に発揮しています。

結果として言えることは

今回の 大島涼花さんの1st写真集 における 悪い意味でテクニカルなページ については

テクニカルなページが大嫌いな私でも強い違和感を感じることはありませんでしたし、

とても効果的に働いてくれています。

今回の 大島涼花さんの1st写真集 を手掛けたカメラマンは

私の大好きな 植野恵三郎さん です。

その作風としては

ハッキリ、クッキリとした単純明快な明るいカットで

モデルの表情をメインした素晴らしい作品を制作します。

作品を担当した植野さんの作品から考えると

本来ならばカット的に全く心配する必要は無いのですが、

今回の 大島涼花さんの1st写真集 に関しては

大島さんがAKBを卒業後は女優業をメインに活動しており、

グラビア活動を殆ど行っていないことと共に

双葉社の公式サイトにあるこの作品の紹介文にの中に

“ 大人の表情 ” という心配な言葉が使用されていることから

陰影強めの暗いカットが多いかもしれないという不安感がありました。

5月17日のメイン記事で採り上げていますが、

今回の 大島涼花さんの1st写真集 から先行して公表された唯一の情報となった

表紙画像からその不安感がある程度は小さくなりましたが

植野さんが双葉社で担当した作品の中において

自身の作風とは違った、悪い意味で大人の雰囲気満載の作品を制作したことがあるので

不安感が一掃されることはありませんでした。

その表紙画像がこちらになります。

引用:https://books.rakuten.co.jp/rb/16281775/?l-id=search-c-item-text-01

表紙画像の雰囲気としては

悪い意味で大人の雰囲気の真っ暗なのカットではなく、

植野さん本来の作風である

ハッキリ、クッキリとした単純明快な明るいカットです。

表紙画像は作品全体の雰囲気を表す “ 作品の顔 ” とも言える

非常に重要な意味を持つカットとなりますので、

この素晴らしい表紙画像により、

私の中の不安感をある程度は取り除いてくれましたが、

実際の作品を見るまでは 

不安感が ゼロ になることはありませんでした。

ただ、実際の作品を見てみると

私の中の過剰な不安感は完全に余計な心配であったことが

ハッキリと分かりました(笑)

今回の 大島涼花さんの1st写真集 については

表紙画像で見ることのできる植野さんの本来の作風である

ハッキリ、クッキリとした単純明快な明るいカットがメインとなっています。

ただ、作品の紹介にあった言葉通り、

室内で撮影された自然の陰影を利用した

明るすぎず、暗すぎずの良い感じの明るさの中で

落ち着いた表情で大人の魅力を醸し出している

大島涼花さんの美しいビジュアルの魅力を強く感じることのでできる

素晴らしいカットもあります。

眩しい程に明るいカットと良い雰囲気の陰影のカットが生み出す明暗のギャップが

見事なまでの相乗効果を生み出して、

それぞれのカットの良さが見る側により強く伝わってきます。

さすがは植野さんの作品らしく

明暗のバランスがよく取れた作品に仕上がっています。

私の不安感の答え合わせの為に

最初に自然な陰影を使用したカットについて説明しましたので、

陰影のあるカットが多いという印象を受けるかもしれませんが、

今回の 大島涼花さんの1st写真集 については

さすがは 植野恵三郎さんが手掛けた作品 ということで

ハッキリ、クッキリとした単純明快な明るいカットが作品のメインとなり

大島涼花さんの様々な表情の魅力を見る側に感じさせてくれます。

アイドル時代から変わらない100%爆発した笑顔の表情から

落ち着いた大人の女性の表情までという感じで、

大島涼花さんの色々な表情を存分に楽しむことができます。

植野さんの手掛けた作品ということで

大島さんの表情を確認することができるカットがとても多いだけでなく、

大島さんの目線がシッカリとこちらを向いたカットが多いので

まるで、大島さんに見つめられているかの様な嬉しい錯覚に陥ります。

ハッキリ言って

表情 の  も  も非常にハイレベルな作品に仕上げっています。

ここまで書いてきた内容を読んでみると

構成面で特に問題な無いですし、

カットについても

ハッキリ、クッキリとした単純明快な明るいカットをメインにして

大島さんの様々な表情を楽しみるとても良い作品なので

大島涼花さんの1st写真集 の 内容 についての評価は

最高評価の ★★★★★ となりそうなのですが、

1ランクダウンの ★★★★☆ をつけたことについては

当然ですが、理由があります。

この章の冒頭に

今回の評価については独断と偏見に満ちた評価というよりも

一般的な意見を意識した評価をつけているみたいなこと書きましたが、

そのことが1ランクダウンの理由です。

最近のグラビア写真集については

グラドルの写真集は当然ですが

アイドルのグラビア写真集においても

乃木坂メンバーの作品をはじめとして

グラビア満足度が非常に高めの作品が多くなっています。

ハロプロメンバーの写真集については

水着のカットの割合を増やすことによって

グラビア満足度を上げている感じに今のところはまだ留まっていますが、

乃木坂メンバーの写真集など他のアイドルの写真集については

10年前のアイドルの写真集にでは絶対に考えられない様な

様々なタイプのグラビア満足度の高いカットが存在します。

その様な状況の中において

今回の 大島涼花さんの1st写真集 を見た場合、

グラビア満足度の面において

パンチ力の弱さを感じてしまいます。

大島涼花さんの1st写真集 においても

グラビア満足度の高いカットは存在するのですが

量的な少なさを感ぜずにはいられません。

このことについては

グラビア満足度の高いカットよりも

表情をシッカリと捉えたカットを好む

〈 表情派 〉の私が感じましたので

そうでない方は私以上に感じるかもしれません。

ただ、ここ最近の私が

グラビア満足度が非常に高い作品を多く見てきた為、

私の感覚が若干麻痺していたことと共に

グラビア満足度の高いグラドルの写真集を数多く出版している

双葉社が出版元のグラドルの写真集であるうえに、

グラビア満足度高めの作品を制作する 植野恵三郎さん が手掛けたことなどの

複数の色々な理由により、

過剰な期待をしていたせいなのかもしれませんが、

今回の 大島涼花さんの1st写真集 については

最近のグラビア写真集と比べるとパンチ力の弱さを感じます。

〈 表情派 〉の私としては

大島さんの表情の魅力を強く感じられる今回の 1st写真集 に対しては、

個人的には ★★★★★ をつけたいところですが、

敢えてここは

一般的な感覚を重視して

1ランクダウンの ★★★★☆ をつけました。

最後に 総合評価 としては

内容面の評価を加重して考えて

★★★★☆ としています。

この部分は完全に内容重視です。

最後のまとめ・・・

引用:https://twitter.com/sanjinooyatsu23

今回の 大島涼花さんの1st写真集 については

前の章で熱く語った様に最高評価を付けることはできませんでしたが、

ハッキリ、クッキリとした単純明快なカットを

グラビア写真集の王道的なレイアウトで構成した

非常に分かりやすい、ストレートな作品に仕上がっており、

大島さんの様々な表情の魅力がダイレクトかつパワフルに伝わってくる作品です。

私が購入前に懸念していた悪い予感については杞憂のものであり、

実物を見て、その全てが見事に払拭されました。

今回の 大島涼花さんの1st写真集 は

大島さんの可愛らしさと美しさの両方を

十分に楽しませてくれる作品となっています。

大島涼花さんのファンの方は当然ですが

大島さんの画像を見て

少しでも好感を持たれた方には

絶対に見ていただきたい最高の作品です。

熱い魂込めておススメできます。

元AKBメンバー、大島涼花さんの美しさが溢れる待望の1st写真集!!

 大島涼花さんの1st写真集に関連の内部リンクです。

※ 5月14日のブログはこちらからどうぞ!!

※ 5月17日のブログはこちらからどうぞ!!

スポンサーリンク

本日のプチ情報!!

それでは本日のプチ情報です。

昨日からの引き続きになるのですが

堀未央奈さんの2nd写真集 の Twitter公式アカウント に

凄く良い感じの画像が公開されました。

引用:https://twitter.com/horimiona2nd
引用:https://twitter.com/horimiona2nd

昨日は動画で紹介しましたが、

このピンクのドレスのシチュエーションは非常に良い感じになりそうです。

堀未央奈さんの2nd写真集 については

カットのレベルの高さを何度も語ってきましたが

何だか、私の予想を大きく超える感じがしてきています。

堀未央奈さんの2nd写真集 については

カット的には相当レベルが高そうなので

もしかしたら、2020年最高の1冊のになるかもしれません。

そんな 堀未央奈さんの2nd写真集 については

何度もメイン記事に採り上げて、熱く語っていますので

貼ってあるリンクから、是非読んでみてください。

よろしくお願いします。

 堀未央奈さんの2nd写真集に関連の内部リンクです。

※ 3月24日のブログはこちらからどうぞ!!

※ 5月2日のブログはこちらからどうぞ!!

※ 5月5日のブログはこちらからどうぞ!!

※ 5月12日のブログはこちらからどうぞ!!

※ 5月16日のブログはこちらからどうぞ!!

※ 5月20日のブログはこちらからどうぞ!!


本日の記事は以上となります。

この記事やブログに対する感想や皆様がお持ちの写真集情報を

コメント欄から頂ければ本当に嬉しいです。

心よりお待ちしています。

本日はこのブログをご愛読いただきまして

誠に有難うございます。

次回も全力で頑張りますのでよろしくお願いします。

さゆぞう でした。

スポンサーリンク