宮崎リンさん、エキゾチックなエロスの予感・・・

こんにちは あぱ です。本日はこのブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

本日のブログはあの人気ハーフ系AV女優の最新写真集からの ” 初出し ” となる先行カットのグラビアが遂に公開されましたので、そのグラビアの感想と、今回の先行カットのグラビアとネット上に公開されている先行カットの画像という2パターンの先行カットから導き出される作品の予想をあぁ~でもない、こぉ~でもないという感じで熱く語っていきたいと思います。

宮崎リンさんの2nd写真集、遂にキタ━(゚∀゚)━!!

画像引用:宮崎リンInstagram

7月16日に発売された 週刊現代2021年7月24日号 に今月7月27日に発売される大人気AV女優の宮崎リンさんの2nd写真集からの先行カットのグラビアが掲載されました。

宮崎リンさんの2nd写真集については、ネット上に表紙画像を含めた数カットの先行カットが既に公開されていましたが、紙の雑誌に先行カットが公開されるは今回が初めてであり、今回の週刊現代に掲載されたグラビアは ” 初出し ” の先行カットのグラビアとなります。

デビューして1年足らずではありますが、半年の間に2冊の写真集が発売されるというレジェンドAV女優への王道的なコースを走っている宮崎リンさんの2nd写真集から初出しとなった今回のグラビアは印象は果たしてどんな感じだったのでしょうか?

本日のブログでは今回の週刊現代に公開された先行カットのグラビアの感想と共に、既にネット上に公開されている先行カットの画像と今回の先行カットのグラビアの感想と言う2つの先行カットの感想から導き出される写真集に対する予想を熱く語っていきたいと思います。

宮崎リンさんのプロフィールは・・・

画像引用:宮崎リンInstagram

本題に入る前に、この記事のヒロインである宮崎リンさんのプロフィールをご紹介します。

宮崎リンさんのプロフィール

芸名 : 宮崎リン                                 出身地 : タイ・バンコク                                      生年月日 : 1997年7月10日( 23歳 )                           身長 : 153㎝                                        スリーサイズ : 8558 81( Dカップ )                         AVデビュー : 2020年5月 SOD専属

~ 情報引用:宮崎リンWikipedia

宮崎さんはお母さんがタイ人でお父さんが日本人というタイ日本人ハーフです。宮崎さんのビジュアルに日本人には無いエキゾチック感を感じるのはハーフだからだと思います。

宮崎さんは幼少期をタイで過ごしたということで、タイ語を話すことはできるのですが、読み書きはできないととのことです。

そんな宮崎さんは大学時代からインターンとして大手AVメーカーであるSODに勤務し、AD業務や広報、人事などの部署を経験したそうです。そして、大学卒業後、新卒社員と言う経歴で2020年5月にAV女優としてデビューします.

SODに入社した理由としては「 性産業に関わりたかった 」「 これからの時代はアダルトこそが世界的なコミュニケーションツールになると考えた 」と語っています。

画像引用:日刊SPA!

そんな宮崎さんは入社直後の2020年4月20日のTwitterにタイ語で挨拶をした動画を投稿したところ、タイのメディアで採り上げられたり、タイの有名人がリツイートするなど、タイで非常に注目され、10日前までは8,000人だったフォロワーが、あっという間に約10倍の78,000人にまで膨れ上がりました。ちなみに、宮崎リンさんの現在のTwitterフォローワー数は12万人を超えています。まさにワールド・ワイドなAV女優であると言えます。

そんな宮崎リンさんは2021年3月1日のTwitterでSODの専属女優を卒業し、企画単体女優として活動をしていくことを発表します。

そんな宮崎リンさんは2021年1月に竹書房の『 らぶぱら 』として、1st写真集を発売します。今回の2nd写真集は1st写真集からちょうど半年後となる今月7月27日に発売される訳ですが、発売周期が短いAV女優の写真集においても、半年という短期間で2冊というは人気を確立したスーパー級のAV女優にしかありえないペースになります。それをデビューして1年足らずのAV女優である宮崎さんが成し得たというのは、DVDの売り上げが好調であることと共に、1st写真集が相当売れたという証です。それ以外は考えられません。こんなことからも、宮崎さんは真のAV女優界のNEWリーダー候補の一人であると言えます。

これからの日本のAV業界を支えていくエース候補の一人である宮崎リンさんについては、企画単体女優としてワールド・ワイドの活躍が期待されるAV女優であると共に、AV女優の垣根を超えた活躍が期待されるタレントでもあると思っています。本当に期待しています。

宮崎リンさんに関する芸能ニュースサイトのリンクです!!

日刊SPA2020年4月30日の記事はこちらからどうぞ!!

宮崎リンさんの2nd写真集、先行カットのグラビアは・・・

画像引用:宮崎リンInstagram

それではここから本日の本題に入っていきたいと思います。

7月16日に発売された 週刊現代2021年7月24日号 に掲載された宮崎リンさんの2nd写真集から初出しとなる先行カットのグラビアは2ページ、4カットのボリューム的にはちょっと寂しめのグラビアです。

グラビアの構成としては1ページに3カットが差し込まれたページが1ページ、そして、残りの1ページは1ページに1カットの大きめのカットのページになっています。

ボリューム的にはちょっと寂しめのグラビアではありますが、全4カットにおいて、ハッキリ、クッキリとした明るさを持った単純明快なカットで宮崎さんのエキゾチックな美しさのあるビジュアルエロチック感が溢れ出しているナイスボディーがとても上手に表現されています、今回のグラビアは内容的に非常にハイレベルなグラビアになっており、私の中の期待感は大きく膨らんでしまいました。

また、今回のグラビアに掲載された4カットのついては、シチュエーションだけでなく、カットの風合い的にも先だってネット上に公開されていた先行カットの画像には無い、初お目目のカットとなっているので、色々な意味で重要なグラビアだと思います。

今回のグラビアについては、ここまでの4ヵ月の間で吉場正和さんが手掛けてきた作品では見ることの無かった独特の風合いになっています。宮崎さんの2nd写真集の出版元であるジーウォークにおける7月の吉場さんについては、宮崎さんの作品と同日発売であり、7月5日、7月11日のブログ記事に採り上げている星なこさんの1st写真集も手掛けていますが、今回の週刊現代に掲載されたグラビアは、星なこさんの先行カットの画像、雑誌に掲載された先行カットのグラビアのどちらにもない独特の風合いのカットです。吉場さんがジーウォークの作品を手掛けるのは7月発売の作品がラストとなりますが、最後の最後で新たな一面を出してきた感じです。

宮崎リンさんの2nd写真集、既に公開されている画像は・・・

画像引用:宮崎リンInstagram

宮崎リンさんの2nd写真集については今回の週刊現代に掲載グラビアが雑誌に掲載されたグラビアとしては初出しのグラビアですが、先程から言っている様にネット上には表紙画像を含めた数カットの先行カットの画像が先んじて公開されています。

その先行カットが公開されたのはジーウォークが出版元の写真集してはいつも通りのことにはなりますが、世界最大手の通販サイトである Amazon に公開されました。

画像引用:Amazo.co.jp
画像引用:Amazon.co.jp
画像引用:Amazon.co.jp
画像引用:Amazon.co.jp
画像引用:Amazon.co.jp
画像引用:Amazon.co.jp
画像引用:Amazon.co.jp
画像引用:Amazon.co.jp
画像引用:Amazon.co.jp

最初にお見せした表紙画像を含めた以上の9カットの画像が、Amazonに公開された先行カットの画像になります。

先行カットの画像を見た限りではありますが、宮崎さんのロケが行われた日は天候的にあまり良くなかった感じです。そんな悪条件の中で撮影されたカットではありますが、屋外、室内に関わらず、全てのカットがハッキリ、クッキリとした明るさを持った単純明快なカットでエキゾチック感のある宮崎さんの美しいビジュアルエロチック感が満載のナイスボディーが表現されており、宮崎さんの魅力が見る側にストレートかつパワフルに伝わってきます。こんな素晴らしい画像を見せつけられると、それでなくても大きくなっている私の中の期待感と購入意欲がグングンと大きくなってしまいます。そんな私は、見事に出版社とAmazonの計略にハマっています(笑)。

宮崎リンさんの2nd写真集、その不安点は・・・

画像引用:宮崎リンInstagram

雑誌に掲載されたグラビア、そして、先程お見せしたAmazonに公開されている画像という2パターンの先行カットの画像の印象として、カットの内容としては文句のつけ様がないという感じでハイレベルな作品になりそうな宮崎リンさんの2nd写真集ですが、不安な点が無い訳ではありません。

この点についてはこのブログでは毎度毎度のことなのですが、今回の宮崎リンさんの2nd写真集についても出来不出来のカギはカットのレイアウト構成が握っていると思われます。

過去、3人のカメラマンが担当を務めてきたジーウォークが出版元の写真集については、4人目のカメラマンとして登場した吉場正和さんに担当が変わってから、今までの ” 剛速球ストレート ” と言って良い程に徹底した1ページに1カットの大きめのカットと見開き2ページで1カットというグラビア写真集の王道的なストレートなレイアウト構成から、カットの上下や左右に白い余白をとったページや1ページに複数のカットを差し込んだページなど最近流行りのテクニカルなレイアウトを施したページの比率が増えてきています。なので、それまでのジーウォークが出版元の写真集の様な王道的なレイアウト構成のページが95%くらいを占めているというような ” 剛速球ストレート ” という感じの作品は期待できないというのが本音です。

ただ、彩文館出版豪華愛蔵版竹書房の『 ~ぱら 』シリーズ の様な最近流行りのレイアウト構成のページが全体の30~40%を占めるというゴチャゴチャ感が強すぎてストレスを感じる作品には絶対にならないとも思っています。

先月6月に発売された作品の例で考えると、最近流行りのレイアウト構成のページと体一部分のアップのカットの様なモデルの表情のないカットのページを合わせて、全体の20%くらいになるのではないかと思っています。この割合については、今までのジーウォークの写真集と比べると多いですが、他の出版社と比べると ” 若干少ない ” くらいです。つまり、これまでのジーウォークの写真集のストレート感が異常であって、ある意味で他の出版社の作品に近づいただけとも言えますが、過去のストレート感の強いジーウォークの写真集が大好きだった私としては寂しさを感じてしまうので、不安点に挙げてしまうのかもしれません(笑)。

宮崎リンさんの2nd写真集、現状のまとめ・・・

画像引用:宮崎リンInstagram

本日のブログでは、雑誌のグラビアとネット上に公開された画像という2パターンの先行カットの画像の印象と作品に対する不安点を中心にして宮崎リンさんの2nd写真集について色々と語ってきました。

雑誌のグラビアとネット上に公開された画像という2パターンの先行カットからの印象で考えますと、いつも通りの吉場正和さんが担当したジーウォークの写真集という感じで、ハッキリ、クッキリとした明るさを持った単純明快なカットをメインにして作品が制作されると予想しています。吉場さんについては2021年3月から作品を担当してきましたが、カットの明るさについては、作品を重ねていくにつれ、明るさがより強くなってきた感じがします。

宮崎リンさんの2nd写真集が発売される7月27日には、同じく吉場さんが担当した星なこさんの1st写真集も発売されますが、ロケ当時の天候が原因だと思いますが、ハッキリ、クッキリ感は星なこさんの作品の方が強いかなぁ~とも思っています。天気だけはどうにもならないので、この部分は致し方ないですね(笑)。

ただ、先程お見せしたネット上に公開された画像からも分かる様に、シッカリとした明るさはキープしているので、真っ黒なカットでモデルである宮崎さんの表情や肌の質感を感じることができないという様な酷いカットは無いと思います。ジーウォークの写真集はこの点についてはキチンと守られているので、エキゾチックな雰囲気を持った宮崎さんのビジュアルの美しさと艶めかしいまでにハリのある肌の質感を十分に感じることができる作品に仕上がっていると思われます。

先程の章で不安点に挙げていたレイアウト構成についても、それまでのジーウォークの作品と比べるとストレート感は弱まっていますが、これは今までのジーウォークの写真集の持つストレート感が異常なレベルだったとうことで、今回の宮崎リンさんの2nd写真集は他社の写真集と比べると十分にストレートな作品だと思います。

以上のことから考えると、今回の宮崎リンさんの2nd写真集については、ハッキリ、クッキリとした明るさを持った単純明快なカットをストレートなレイアウト構成を施して仕上げられた非常にレベルの高い作品になると思っています。私自身は星なこさんの1st写真集と同様、宮崎リンさんの2nd写真集も既に予約済みということで後は神様に祈るのみです(笑)。

宮崎リンさんの2nd写真集、今後は・・・

画像引用:宮崎リンInstagram

宮崎リンさんの2nd写真集についてはジーウォークが出版元の作品ということで、先行カットのグラビアをはじめとした情報公開が元々少ないということがあるうえに、発売日まで10日を切っているという状況を考えると、今後の先行カットのグラビアについては全く期待できないというのが正直な気持ちです。私個人としては今回、先行カットのグラビアが週刊現代に掲載されたこと自体が奇跡だと思っているくらいなので、これ以上の情報公開は期待していないというのが本音です。

また今週は木曜日、金曜日がオリンピックの関係で連休になりますので、今週の月曜日、火曜日、水曜日という3日間と来週の月曜日に発売される雑誌にしかチャンスはありません。月曜日に発売される 週刊大衆、火曜日に発売される 週刊アサヒ芸能写真週刊誌FLASH という3誌が考えられますが、個人的には3誌共に可能性が低いと思っていますので、正直、3誌全部をチェックする他しかないです。

宮崎リンさんの2nd写真集、本日のまとめ・・・

画像引用:宮崎リンInstagram

本日のブログでは、週刊現代に掲載された先行カットのグラビアとネット上に公開された先行カットの画像という2つのパターンの写真集関連の画像を基にして、宮崎リンさんの2nd写真集について語ってきました。

宮崎リンさんの2nd写真集については、宮崎さんの魅力が引き出された素晴らしいカットをストレート感の強い王道的な分かりやすいレイアウトで仕上げたハイレベルな作品に仕上げられてい可能性が高いと思っています。” 最高傑作 ” の可能性も十分にあります。

そんな宮崎リンさんの2nd写真集については、発売日まで10日を切ったということで、新たな情報については非常に厳しいものがありますが、今後もどんな小さなことであったとしても、何か新しいことが分かり次第、このブログでバンバン書いていきたいと思います。楽しみにお待ちください!!

Amazon 宮崎リンさんの2nd写真集はこちらからどうぞ!!

警告:アダルトコンテンツ

Amazon 宮崎リンさんの2nd写真集 DVD+写真付き はこちらからどうぞ!!

警告:アダルトコンテンツ

この記事に関連した過去記事、読んでほしい記事のリンクです

 ・7月5日の記事のリンクはこちらからどうぞ!!

 ・7月11日の記事のリンクはこちらからどうぞ!!

本日のプチ情報・・・!!

画像引用:沢口愛華2nd写真集公式Twitter

それでは本日のプチ情報です。

7月19日に発売される 週刊ヤングマガジンNo,34号 の表紙画像が公開されました。

画像引用:ヤングマガジン公式

最新号となる週刊ヤングマガジンNo,34号の表紙&巻頭グラビアを飾るのはミスマガジンのグランプリ受賞者であり、今後の活躍が期待されるグラドルでもある 沢口愛華さん です。

今回のグラビアについては、お久しぶりのヤンマガ登場となる沢口愛華さんのグラビアということだけでなく、可愛いビジュアルとパワフルなナイスボディーで今後のグラビア界を引っ張っていくエース候補の一人である沢口愛華さんのグラビアなので100%間違いなく要チェックとなります。書店やコンビニに行った際には必ずチェックをしてください。よろしくお願いします。

本日はこのブログを最後までご覧いただきまして誠にありがとうございます。           今回の記事はいかがだったでしょうか?皆様のお役に少しでも立てば本当にうれしいです。     これからもグラビア写真集とグラビア誌の情報をドンドン発信していきますので               これからもご愛読の程、よろしくお願いいたします。

それでは あぱ でした。

タイトルとURLをコピーしました