神木サラさんの1st写真集、マジでセクシーな予感・・・

こんにちは あぱ です。本日はこのブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

本日のブログは今月後半に発売される作品の中において、私が大注目している作品から公開された先行カットのグラビアのご紹介とその感想を熱く語っていきたいと思います。

神木サラさんの1st写真集の先行カットぉぉぉぉ!!

画像引用:神木サラInstagram

この度、今月5月25日に満を持して発売される”神木サラさんの1st写真集”の先行カットが世界最大の通販サイトであるAmazonに公開されました。神木サラさんの1st写真集は個人的にもAmazonのレビュー的にも、今一番良い作品を制作している出版社だと思われるジーウォークから発売される作品ですが、今回の神木サラさんの1st写真集の出来は果たしてどんな感じなのでしょうか??

本日のブログではAmazonに公開された先行カットを基にして私なりの感想と予想を熱く語っていきたいと思います。

神木サラさんのプロフィールは・・・?!

画像引用:神木サラInstagram

本日の本題に入る前にこの記事のヒロインである神木サラさんのプロフィールをご紹介します。

神木サラ プロフィール

生年月日   : 2000年8月18日( 20歳 )                          出身地    : 岩手県                                    身長     : 160㎝                                    スリーサイズ : B 101 - W 58 - H 88 ( Iカップ )

~ 情報引用:エロ革命

神木さんに関してはこの記事を書いている時点において、Wikipediaが存在しない為、私がネット上で見つけた情報をまとめたものになりますので、間違った部分があるかもしれませんがご容赦ください。

神木さんは元々は某有名デパートの洋菓子売り場で働いていたそうです。そんな普通の人だった神木さんは2020年6月に水着グラビアにより、芸能界デビューを果たします。そしてその1ヵ月ごとなる2020年7月に発売された写真週刊誌FLASHヌード・グラビアに挑戦します。そのグラビアが好評だったことをうけ、同年9月8日発売された写真週刊誌FLASHヘアヌード・グラビアを公開します。

ビジュアルの美しさと迫力ある”Iカップ”のナイスボディーが話題を呼び、芸能ニュースサイトでも採り上げられ、期待のグラドルとして一躍有名となった神木さんは配信特化型AVメーカーとしてスタートし、今現在はDVDやブルーレイの販売も行ってる人気AVメーカーのひとつであるFALENO専属女優として2020年11月にAV女優・デビューを果たし、今現在に至ります。

そんな神木さんの最大の魅力は先程も書きましたが神秘的な雰囲気を持った美しいビジュアルパワフルなナイスボディーです。大人しい見た目からは想像できない”Iカップ”のバストの持ち主です。神木さんのバストの破壊力を感じていただくためにこの章の画像には”童貞を殺す”でお馴染みのニット生地の洋服を着た神木さんの画像にしています。どうぞご堪能ください(笑)。

神木サラさんに関して、現在判明していることはこれくらいになりますが、美しいビジュアルとパワフルなナイスボディーでこれからの日本のAV業界を引っ張っていくエース候補のひとりであるということは間違いないと思われます。そんな神木サラさんの動向は要チェックですし、今後の活躍が大いに期待されます。

神木サラさんの1st写真集の概要!!

画像引用:神木サラInstagram

そんな神秘的な美しさを感じるビジュアルとド迫力のナイスボディーの持ち主である神木サラさんの記念すべき1st写真集の概要がこちらになります。

神木サラ 1st写真集『 fate 』【 吉場正和:ジーウォーク 】

モデル   : 神木サラ( AV女優 )                            出版社   : ジーウォーク                                   発売日   : 2021年5月25日                                  サイズ   : A4版 84ページ ( たぶんハードカバー )                   カメラマン : 吉場正和                                    価格    : 3,850円( 税込み;2021年発売日時点 ) 

情報引用:版元ドットコム

神木サラさんの記念すべき1st写真集の概要をお見せしましたが。その作品の出版元はジーウォークです。ジーウォークは2年前の2019年4月に発売した作品からグラビア写真集に参戦した出版社であり、完全に”新興勢力”ではありますが、私の完璧な個人的的な意見としては”ハイレベルな良作品を安定的に出版し続けている出版社”であると思っています。ジーウォークの写真集は税込み3,850円と高額なうえに84ページしかないですが、サイズ的にはA4版ですし、ハードカバーの写真集となります。今現在の流行り病の状況と経費削減のためだと思いますが、温泉旅館などをメインとした国内でロケが行われた作品です。そんな国内の温泉場で撮影された写真集は陰影を使いまくった真っ黒のカットが多くなるのがパターンですが、ジーウォークの写真集についてはハッキリ、クッキリとした明るさを持った単純明快な分かりやすいカットが作品の中心となります。また、カットのレイアウトについては、1ページに複数のカットを差し込んだページや、カットの上下や左右に余白をとったSNSの画像風のページなど、最近流行りのレイアウトをしたページはゼロではありませんが、他社の写真集と比べると非常に少ないです。1ページに複数のカットを差し込んだページについては1ページを上下に均等に2分割して2カットを差し込んだページが数ページ、カットの上下や左右に余白をとったSNSの画像風のページは記憶に残らない程度の数量しかありません。つまり、私的に嫌いなテクニカルなレイアウト構成のページは全体の1割くらいしかないという印象です。この量は最近のグラビア写真集としては非常に少ないです。レイアウト構成としては1ページに1カットの大きめのカットと見開き2ページで1カットの特大カットというグラビア写真集に昔からある”王道的レイアウト”で構成されたページが中心となっており、大きなカットでモデルの姿が表現されているのでモデルの魅力がストレートかつ強烈に見る側に伝わってきます。しかもカット自体がハッキリ、クッキリとした明るさを持った単純明快な分かりやすいカットなので、モデルの表情や肌の質感をダイレクトかつ生々しく感じることができます。カットの内容とレイアウト構成についてはグラビア写真集としてまさに理想のパターンとなっています。

ジーウォークはAV女優をモデルにした写真集を毎月2冊ずつ出版していますが、その特徴として、ひとりのカメラマンが7~9ヵ月の長期間において出版される作品を手掛けます。通常の出版社の場合は作品ごとにカメラマンは違いますが、ジーウォークの写真集については半年以上1年未満の間に発売される写真集の全てが同じカメラマンの作品となります。詳しいことは4月24日の岬さくらさんの1st写真集の記事に書いていますが、今回の神木サラさんの1st写真集を手掛けている吉場正和さんは、2019年4月から出版され続けているジーウォークの写真集の4人目のカメラマンとして、先々月の2021年3月に発売された2作品から作品を手掛けています。その効果だと思いますがジーウォークの写真集については作品に対する予想が非常に立てやすいです。写真集を購入する場合においても、担当したカメラマンの作風が自分に合っていれば、後はモデルが好みかどうかで判断することができます。これマジで便利です(笑)。

ここまでジーウォークの写真集に対して基本的に誉め言葉を並べてきましたが、唯一であり、最大の欠点としては”値段は高いが、ページ数が少ない”ということが挙がられます。このことは前述していますが、税込み3,850円という高額な作品でありながら、ページ数100ページ未満というのは非常に寂しいです。完全に双葉社のパターンですが、悪いところはマネしないでほしいですね(笑)。

神木サラさんの1st写真集の先行カット!!

画像引用:神木サラInstagram

先程から話題に挙げているジーウォークが出版する写真集については発売日まで1ヵ月を切った頃になると世界最大の通販サイトである Amazon に写真集からの先行カットが公開されるのが通例となっており、この度の神木サラさんの1st写真集においても表紙画像を含めた10カットの先行カットが公開されていますので、その10カットをここでお見せします。

画像引用:Amazon.co.jp
画像引用:Amazon.co.jp
画像引用:Amazon.co.jp
画像引用:Amazon.co.jp
画像引用:Amazon.co.jp
画像引用:Amazon.co.jp
画像引用:Amazon.co.jp
画像引用:Amazon.co.jp
画像引用:Amazon.co.jp
画像引用:Amazon.co.jp

表紙画像が2カットある様に見えますが、2番目のカットは表紙に掛ける帯を映した画像になります。ここでお見せした10カットについては、露出的に大人しめの画像ばかりですが、実物は神木さんのパワフルなナイスボディー感溢れるヌードがタップリだと思いますのでご安心ください(笑)。

このことは最近発売されているグラビア写真集全てに言えることなのですが、世間的に流行り病が大流行中ということで、屋外でのロケを大々的にしづらいからだと思いますが、室内で撮影されたカットが多くなっています。このことは今回の神木サラさんの1st写真集にも当然の如く当てはまると思いますし、公開されている先行カットにもそのことが表れています。日本国内で撮影された和室旅館をメインにロケが行われた写真集は陰影強めの暗いカットがメインの作品になる場合が多いですが、公開されている先行カットにおいては、室内で撮影されているカットですが、ハッキリ、クッキリとした明るさを持った単純明快な分かりやすいカットが多いです。また、陰影のあるカットもありますが、あくまでも自然な陰影であり、モデルである神木サラさんの表情や肌の質感を殺すものではありません。作品を手掛けたカメラマンである吉場正和さんのこれまでの作品の傾向で考えると、照明を落とした暗いシチュエーションで撮影されたカットがあると予想されますが割合的に少ないと思われます。また、作品全体として明るいカットがメインとなっていますので暗いシチュエーションのカットが明暗のギャップを生んで作品のイメージを変化させると共に全体を引き締める良い効果を生み出してますので、全く心配する必要は無いと思います。料理で言う”味変”の効果です(笑)。

これまでのジーウォークの写真集は前述している様に1ページに1カットの大きめのカットと見開き2ページで1カットの特大カットというグラビア写真集の王道的レイアウトのページをメインに作品が構成されていますが、この傾向は今回の神木サラさんの1st写真集でも変わらないと予想されます。今回お見せしている様な単純明快な分かりやすいカットがモデルの印象をストレートに感じさせてくれる王道的レイアウトを中心に構成されていると予想される神木サラさんの1st写真集については個人的に期待感しかないです。マジで非常に楽しみです(笑)。

神木サラさんの1st写真集、その予想は・・・?!

画像引用:神木サラInstagram

本日の記事でご紹介している神木サラさんの1st写真集については、ここまで書いていたように写真集の評価を決めるレイアウト構成とカットの内容については全く心配していません。そんな中で神木サラさんの神秘的な魅力を持った美しいビジュアルと大迫力のナイスボディーを楽しめるとなるとハッキリ言って”期待するなと言う方が無理な話”だと思っています。個人的にはマジで期待しています。楽しみ以外の言葉はありません。個人的には5月下旬に発売される写真集の中で一番期待し、楽しみにしている作品です。私の膨らみまくった期待感が裏切られないと良いのですが(笑)。まぁ、今までのジーウォークのパターンで考えると大丈夫だと信じています(笑)。

神木サラさんの1st写真集、まとめ・・・!!

画像引用:神木サラInstagram

神木サラさんの1st写真集については、ジーウォークのが出版元を務める作品ということで、先行カットのグラビアが雑誌に掲載される可能性は非常に低いです。私個人としては全く期待していないというのが正直な気持ちです。今までジーウォークの写真集からの先行カットのグラビアは記憶に無いです。それくらい可能性が低いです。なので、今回お見せした10カットが最初で最後の先行カットとなる可能性が高いです。しかも発売日まで10日を切っていますので無理な様な気がします。そんな神木サラさんの1st写真集の先行カットのグラビアの唯一の可能性としては今月5月18日に発売される”写真週刊誌 FLASH”に掲載される可能性が僅かに残されていると思っています。他の週刊誌の可能性も無いとは言いませんが、神木さんについては、プロフィールで書いている様にFLASHと非常に関係が深いので、掲載があるとしたら、FLASHの可能性が一番高いと思われます。

本日ご紹介した神木サラさんの1st写真集については私自身の期待感が高いこともありますし、色々な意味でハイレベルな作品を出し続けているジーウォークが出版する作品でもあるので、注目している方が多いと思いますので、今後も何か新しい情報が分かり次第、このブログでバンバンと書いていきたいと思います。楽しみにお待ちください!!

※ Amazon 神木サラさんの1st写真集はこちらからどうぞ!!

※ FANZA 神木サラさんのDVDはこちらかだどうぞ!!

年齢認証 - FANZA
成人向けコンテンツを取り扱うアダルト総合サイト。18歳未満の方のアクセスは固くお断りいたします。

本日はこのブログを最後までご覧いただきまして誠にありがとうございます。           今回の記事はいかがだったでしょうか?皆様のお役に少しでも立てば本当にうれしいです。     これからもグラビア写真集とグラビア誌の情報をドンドン発信していきますので               これからもご愛読の程、よろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました