フライングゲットのタイミングは・・・

2020年3月14日

スポンサーリンク

こんにちは さゆぞう です。

本日はこのブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

最後まで読んでいただけるように全力で頑張りたいと思います。

本日のブログは

来週火曜日3月10日に

3月の大注目作品となる 与田祐希さんの2nd写真集 の発売を控えているので

この話題を採りあげることにしました。

そんな本日の話題は “ フライングゲット ” についてです。

フライングゲットとは・・・

フライングゲットという言葉自体はAKBの名曲の曲名なので

聞いたことが無い方は少ないと思います。

フライングゲットの意味としては

商品を発売日前に入手すること を意味する造語です。

主にCD、DVD、そしてグラビア写真集について使用されています。

このブログはグラビア写真集の情報発信をメインとしていますので

本日の記事は写真集のフライングゲットについての

個人的な経験則に基づいた情報を書いていきたいと思います。

フライングゲットは可能なのか・・・??

結論から書いてしまうと

グラビア写真集はフライングゲットのしやすい商品だと思います。

写真集の公式アカウント、通販サイト、そして芸能ニュースサイトなどに

写真集の発売情報が公表された場合、

一番最初に必ず公表されるのが 発売日 です。

グラビア写真集については、

地域性や書店の規模、そしてその書店の立地によって格差がありますが、

東京都内や大阪市内などの大商業地域にある全国展開している書店に関しては

公表された発売日の 前日 に店頭販売を開始することが非常に多いです。

私の経験においては

通販サイトで予約した作品についてはフライングゲットの経験が無いので

本日は 書店でのフライングゲット について書いていきます。

書店でのフライングゲット!!

私は東京隣接県のまぁまぁな規模の都市に住んでいます。

私の生活圏内には

2店舗の紀伊國屋書店とその他に全国展開している大型書店が1店舗あります。

私がフライングゲットを行う場合は

2店舗あるうちのより大きな方の紀伊國屋書店と

駅ビル内にあるその他の全国展開している書店となります。

私的にフライングゲットをオススメできる書店としては

紀伊國屋書店 と 旭屋書店 です。

何故ならこの2つの書店はネットで在庫の確認ができるからです。

Twitter のツイートを読んでみると

紀伊國屋書店と同様、全国展開をしている書店の1つである

TUTAYA の 渋谷など東京都内の大商業地域の店舗や、

多くのグラビア写真集を取扱う 書泉系の書店 においては

フライングゲットができている様ですが

これらの書店はネットで在庫を確認することができないので

在庫の情報を得るには店舗に直接電話する他ないのです。

さすがにそんな時間はありませんし、お店にとっても迷惑です。

ネット通販を展開している 紀伊國屋書店 については

ネット通販サイトである 紀伊國屋書店ウェブストア で、

そして旭屋書店においては 公式サイト で

全国の支店の在庫状況を簡単に見ることができます。

フライングゲットの指標・・・!!

私のフラングゲットについては

先程も書いた様に

大きい方の紀伊國屋書店と駅ビル内のその他の全国展開の大型書店です。

そんな私が フライングゲットのタイミングを知るための指標 としているのが

紀伊國屋書店ウェブストアの在庫状況 です。

紀伊國屋書店ウェブストアの作品の個別ページでは

予約受付中の作品については ご予約受付中 と表示されます。

この ご予約受付中 の文字がどのタイミングで変わるかが重要となります。

フライングゲットできる作品については

早い場合で 発売日の前々日の15時過ぎ位 に

ご予約受付中の文字が ウェブストアでは予約受付が終了しました と変化します。

フライングゲットできる作品は遅くても18時過ぎにはこの文字に変化しています。

たまにですが、

発売日前々日の20時頃から 提携先に在庫あり の文字を

ワンクッションとして挟む場合がありますが、

発売日前々日の段階で予約受付が終了したグラビア写真集については

発売日前々日から発売日前日に日付が変わるとほぼ同時に

ウェブストア在庫あり という緑の文字に変化します。

そして作品の個別ページには

ウェブストアに〇冊の在庫がございます が表示されます。

ウェブストア在庫あり となったグラビア写真集は

その店舗の入荷時間や入荷回数にもよりますが

基本的にはウェブストアに在庫が発生した発売日前日から

紀伊國屋書店の店頭での販売がスタートします。

ウェブストアに在庫が発生した作品においては

10時から営業を開始する 

新宿本店 と 梅田本店 の在庫状況を最初に確認してください。

この2店舗のどちらかで在庫が確認できたならば

実際に店舗での販売がスタートしている思っていただいて良いと思います。

紀伊國屋書店の新宿本店と梅田本店の販売スタート日時は

100%の確率で同じとなりますが、

入荷数に違いがありますので夕方などの遅い時間ではなく

10時過ぎにこの2店舗の在庫状況を確認するのがベストだと思います。

紀伊國屋書店の販売スタートと他の全国展開の大型書店の販売スタートは

99.99%同じとなっていますので

この指標は紀伊國屋書店以外での購入を検討している方も利用できます。

紀伊國屋書店における地域格差と店舗格差!!

ただなのですが、

紀伊國屋書店を含めた大型書店の販売時期には格差があります。

それは 地域格差 と 店舗格差 です。

1つ目の 地域格差 とは

東京都内や大阪府内の支店では発売日前日に在庫が確認できる作品でも

地方の支店については在庫が無い場合はよくあることです。

このことは全国展開の全ての大型書店だけではなく、

日本における全ての小売り産業に言えることなので

ある意味で致し方無いことと言えます。

日本経済の全ての流通網が

東日本が東京を、そして西日本を中心としていますので

この問題は解決が難しいです。

そして、もう1つの 店舗格差 ですが

これは店舗の立地条件が大きな理由となるみたいです。

先程も書いた様に

私がフライングゲットを狙う場合は

大きな方の紀伊國屋書店と駅ビル内の他の全国展開の大型書店です。

この2店舗については直線ならば100m離れていません。

紀伊國屋書店は私が住む市のメインの商店街に位置し、

もう1つの支店は何度も書いている様に駅ビル内にあります。

私のパターンとしては

新宿本店の在庫をチェックして

その在庫が確認ができたら

私が御用達としている紀伊國屋書店の支店の在庫を確認し、

在庫が確認できた場合は

店舗に直接電話をして、取り置きをお願いしています。

そして、私の御用達の支店に在庫が無い場合は

駅ビル内の書店の方に直接電話をして在庫を確認する様にしています。

実を言いますと

紀伊國屋書店よりも駅ビルの書店の方が

フライングゲットできる確率が高いのです。

1月に発売された 山下美月さんの1st写真集 については

紀伊國屋書店においては

本州にある9割がたの支店でフライングゲットできましたし、

北海道の札幌支店や九州の福岡支店でもフライングゲットできました。

そんな山下美月さんの1st写真集ですが

私の御用達の支店はフライングゲットができなかったのです。

その一方、

駅ビル内の大型書店においては発売日前日に

しっかりと在庫が確認できています。

この現象が起きた理由はハッキリとしています。

その理由としては

紀伊國屋書店の方は立地の影響で入荷が午前中の1日1回しかないのですが、

駅ビルの書店の方は午前午後の1日2回の入荷があるのです。

このことは双方の書店の方が教えてくれましたので間違いないです。

山下美月さんの1st写真集の時もそうでしたが

フライングゲットできる作品については

私の地域では100%の確率で午後の入荷分として書店に運ばれてきています。

駅ビルの書店に確認の電話をした場合、

『 午後の入荷予定なので14時過ぎに電話ください 』という返事が毎回あります。

このことは私の御用達の支店だけに限ったことではなく、

東京都内や大阪市内の立地条件が悪い支店でも同じことが言えます。

ここで言う立地条件とは

駅ビルやショッピングモールの様に

常に安定した搬入ルートが確保できているかどうかです。

私は大阪にも長く住んでいましたが

大阪市内の紀伊國屋書店については

梅田本店では100%の確率でフライングゲットできますが、

その他の支店については確率的にあまり高くないです。

その反面、

大阪市の隣の堺市にある 堺北花田店 においては

入荷数自体は少ないのですが

梅田本店並みの確率でフライングゲットができます。

この理由としては

堺北花田店は大型ショッピングモール内にあるので

安定した搬入ルートが常に確保できているからだと思われます。

この 店舗格差 についても 地域格差 と同様で

全ての全国展開の大型書店で言えることなので

頭の中に置いておいてください。

フライングゲットの注意点!!

ここまでフライングゲットについて色々と語ってきましたが、

最後に実際にフライングゲットを行う時の注意点を書きたいと思います。

その1つ目として 発売日を確認する ということです。

これはどういうことかと言いますと

発売日が通販サイトや公式サイトごとで違う場合があります。

3月10日発売予定の 佐野ひなこさんの最新写真集 は

作品の発売を報じた殆どの芸能ニュースサイトでは

発売日は 3月10日発売 となっていました。

しかし、

世界最大手通販サイト と 紀伊國屋書店ウェブストア については

最初から 3月7日発売 となっていました。

佐野ひなこさんの最新写真集については

紀伊國屋書店ウェブストアでは

この記事を書き始めた3月6日の夜には予約受付が終了していました。

そして、この記事を書いている3月7日の0時30分過ぎの状況としては

ウェブストア在庫あり となっていますので

ある意味でフライングゲットが可能となったと言えます。

また、別の例として

昨日の記事でその特徴をタップリと書いたハロプロメンバーの写真集となる

モーニング娘。’20のメンバーである 羽賀朱音さんの1st写真集 は

メディア、通販サイトを含めた全ての媒体で 3月7日発売 となっていましたが

紀伊國屋書店の東西の本店など、

フライングゲットのやりやすい支店では 3月5日 に店頭に並び、

私の御用達の支店の様に

フライングゲットがしにくい支店でも 3月6日 には店頭販売が開始されていました。

グラビア写真集の発売日に関しては

佐野ひなこさんの最新写真集の様に

情報公開当初から発売日が割れている場合は

世界最大手通販サイトに記載された発売日に合わせてくることが

まぁまぁの確率で多いと思っていますが、

これは絶対ではありませんので

発売日の2~3日前からのチェックが必要となります。

羽賀朱音さんの1st写真集については

出版社がワニブックスであることを考えると

とても異例なこととなります。

ワニブックスの作品はフライングゲットがしやすいのですが

通常の前日に店頭に並ぶのか通例です。

羽賀朱音さんの1st写真集については

通例通りならば発売日前日である3月9日に店頭に並ぶであろう

与田祐希さんの2nd写真集 とできるだけ間隔を空けたかったのかもしれません。

初版16万部という驚異の部数でスタート予定だった与田さんの2nd写真集は

発売日前に重版2万部が決定しており、

実質、初版18万部でスタートとなる超絶驚異の写真集となっています。

同じアイドル系の写真集ということで重なる部分が多いので

できる限り、間隔を空けたかったというのが理由だと予想しています。

流通網が整備された現在においては

地域や店舗の環境による格差はありますが

基本的には写真集が店頭に並ぶのは

出版社の違いはあまり関係なく、

発売予定日の1日前というのが通例となり始めています。

ただ、今回の例に挙げた

佐野ひなこさんの最新写真集 や 羽賀朱音さんの1st写真集 の様な

とても異例な事もありますので

発売予定日の2~3日前からの確認が必要となります。

写真集の発売予定日はあまり信用しないでください(笑)

そして、2つ目の注意点として

ネットで訪問予定の店舗の在庫が確認できた場合においても

直接店舗に電話をして在庫を確認したうえで、

取り置きをしてください。

こうすることによって、在庫を確実に確保することができます。

店舗に行ったは良いけれど

在庫が売り切れになっていたら泣くに泣けません。

これは必ず実行してください。

たぶん、ここが一番大切になると思いますので

絶対によろしくお願いします。

今後のフライングゲット予定・・・

ちょっと長くなりましたが

私なりのフライングゲットのやり方と注意点を語ってきました。

私の今後の直近の予定としては

3月10日発売予定の 与田祐希さんの2nd写真集 が

フライングゲットの対象となっています。

この作品については

フライングゲット対象日は 3月9日 となりますので

3月8日 から情報をチェックしていく必要があります。

与田祐希さんの2nd写真集については

先程も触れている様に超絶驚異の作品となっており、

注目している方が本当に多いと思いますので

このブログで情報をドンドン発信していきたいと思います。


本日の記事は以上となります。

この記事やブログに対する感想や皆様がお持ちの写真集情報を

コメント欄から頂ければ本当に嬉しいです。

心よりお待ちしています。

本日はこのブログをご愛読いただきまして

誠に有難うございます。

次回も全力で頑張りますのでよろしくお願いします。

さゆぞう でした。

スポンサーリンク