青空ひかり1st写真集、先行カットのグラビア、キタ━(゚∀゚)━!!

こんにちは あぱ です。本日はこのブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

本日のブログは5月20日に発売された週刊誌にあの大人気AV女優さんの記念すべき1st写真集から”初出し”となる先行カットのグラビアが掲載されましたので、そのグラビアの感想と発売が間近にせまっている1st写真集についてのあれこれを熱く語っていきたいと思います。

青空ひかり1st写真集の先行カットのグラビアぁぁぁ!!

画像引用:青空ひかりInstagram

5月20日に発売された週刊実話2021年6月3日号に5月25日発売予定の青空ひかりさんの1st写真集からの先行カットのグラビアが掲載されました。大人気AV女優である青空ひかりさんの記念すべき1st写真集から今回の週刊実話に掲載されたグラビアはこの作品にとって”初出し”となるグラビアです。

発売まで1週間を切った中で公開された”初出し”となる先行カットのグラビアの印象は果たしてどんな感じだったのでしょうか??本日の記事ではそんな先行カットのグラビアの感想とそこから予想される作品の内容などを色々と語っていきたいと思まいます。

青空ひかりさんのプロフィール・・・

画像引用:青空ひかりInstagram

本日の本題に入る前に青空ひかりさんのプロフィールをご紹介します。

青空ひかり プロフィール

生年月日   : 1999年1月8日( 22歳 )                           出身地    : 山形県                                     身長     : 153㎝                                      スリーサイズ : B 85 - W 58 - H 83 ( Dカップ )                  AVデビュー : 2019年10月

~ 情報引用 : 青空ひかりWikipedia

青空さんは2019年10月に大手AVメーカーである SOD専属女優としてAVデビューをします。最近のAV女優さんはグラドルやアイドルなどの芸能活動を経て、AV女優にデビューするのがトレンドになりつつありますが、青空さんについては 芸能界デビューAV女優デビュー となるみたいです。

青空さんは最近の女性としては低い部類に入る 153㎝ という身長にまさにピッタリという感じのとても可愛らしいビジュアルの持ち主です。とても可愛らしいビジュアルなのですが、AVではハードな作品にも果敢に挑戦してくれています。

そんな青空さんにはAVでのプレイ内容と同様、その可愛いビジュアルからは想像できない特技があります。その特技は”空手”です。青空さんは空手を9年間続け、段位は2段だそうです。マジで意外な特技ですね。

デビューしてからまだ2年経ってない青空さんですが、既に日本のAV業界のの中では知らない人がいないくらいの人気AV女優に成長しています。そんな青空さんついてはAV女優活動と共に様々な分野での活躍が期待されます。

青空ひかりさんの1st写真集、その概要は・・・

画像引用:青空ひかりInstagram

青空ひかりさんの1st写真集についてはこのブログで初めて採り上げますので、最初に概要をお見せしておきます。

青空ひかり 1st写真集『 笑顔。ひかる。』【 福島裕二:彩文館出版 】

モデル : 青空ひかり( AV女優 )                           出版社 : 彩文館出版3000部限定豪華愛蔵版                         発売日 : 2021年5月25日予定                               サイズ : A4ワイド版 128ページ( たぶんハードカバー )                カメラマン : 福島裕二                                   価格 : 税込み 4,290円( 2021年5月時点 )

~ 情報引用:Amazon.co.jp

今回の青空ひかりさんの1st写真集の出版元を務めるのは彩文館出版です。5月5日の記事で作品のレビューを書いた4月に発売された深田えいみさんの1st写真集には”3,000部限定豪華愛蔵版”の記載がありませんでしたが、青空さんの1st写真集についてはこの文言がシッカリと記載されています。

彩文館出版の豪華愛蔵版ということで、安定の A4ワイド版 128ページ ということで大きなサイズのハードカバー作品なので豪華さを強く感じられる作品になると思われます。この辺りについては豪華愛蔵版の文言に偽りなしです!!価格はお高めの税込み4,290円なのですが、それが許されるレベルの豪華な作品になると思います

作品を手掛けたカメラマンは福島裕二さんです。福島さんはAV女優のグラビア写真集を中心に活動されているカメラマンです。私が覚えている限りではグラドルやアイドルの写真集を手掛けることはありません。AV女優さんをモデルにした作品展やAV女優さんがクラウドファンディングによる自主制作の写真集を出版する時にも活躍するカメラマンです。

そんな福島裕二さんの作風について3年前くらいまでは、陰影強めの真っ黒なカットが非常に多いし、風景やモデルの体一部分のアップのカットなど意味不明な実用性が全く無いカットが多いという最悪の印象がありました。以前の福島さんの手掛けた作品は福島さん個人の悪い芸術性を無理やり押し付けてくる作品ばかりで、個人的には害悪としか思っていませんでした。

ただ、最近の福島裕二さんについては、作品展で展示する自分の作風を前面に出す写真やAV女優の自主制作の写真集はともかくとして、出版社が制作した商業的なグラビア写真集においては、福島さんの持つ作風を押し付ける陰影強めの真っ黒なカットは抑え目になっっている印象があります。

福島裕二さんが手掛けた作品については積極的に買い向かいの姿勢をとらないのが私の基本的スタンスなのですが、無視できないことがあります。その理由としては、時々ではありますが”特大ホームラン級の傑作”を制作することがあるのです。このことは福島裕二さんを含めた、陰影強めの真っ黒なカットを多用するカメラマンの作品では時々見られます。西田幸樹さんや5月20日のブログで書きましたが私がAmazonのレビューで紹介した小倉由菜さんの2nd写真集を手掛けた山口勝巳さんなどもこの例にあたると思います。この点については周期が決まっている訳ではなく、実物を見ないと判断することができないので非常にたちが悪いです(笑)。

青空ひかりさんの1st写真集の先行カットのグラビア、その印象は・・・

画像引用:青空ひかりTwitter

それではやっと本日の本題に入っていきたいと思います(笑)。

5月20日に発売された週刊実話2021年6月3日号に掲載された青空ひかりさんの1st写真集からの先行カットのグラビアは3ページ、6カットということで数量的にチョット寂しいグラビアです。また、今回のグラビアは袋とじグラビアなので、その全てを見るには購入しなくてはなりません。立ち読みはダメです(笑)。1ページに1カットの大きめのカットのページが1ページ、1ページに1カットの大きなカットの背景に小さな1カットを差し込んだページが1カット。1ページに不規則な大きさの3カットが差し込まれたページが1ページということで3ページ、6カットのグラビアとなっています。

一番重要であるカットの内容についてですが、今回公開されたカットは海辺の砂浜で撮影された2カットを含めて、その全6カットが天気の良い屋外で撮影されたカットです。全6カットがハッキリ、クッキリとし明るさを持った単純明快な分かりやすいカットとなっています。昔の福島裕二さんの作風からは全く想像のできないハイレベルなカットとなっており、私はとてもビックリしました(笑)。

また、全6カットが青空さんの白い肌の質感と素晴らしいの一言の可愛い美人のビジュアルの魅力が見る側にストレートかつパワフルに伝わってきます。AV女優のグラビアとして100点満点のグラビアですし、写真集の魅力が強く伝わる宣伝効果バッチリのグラビアとなっており、色々な意味で最高級の先行カットのグラビアであると言えます。

先程も書きました、福島さんの作品でこんな素晴らしいカットが拝めると思ってもみなかったので、あまりの嬉しさに私は泣きそうになってしまいました(笑)。それくらい素晴らしいグラビアです。

青空ひかりさんの1st写真集、その予想・・・?!

画像引用:青空ひかりTwitter

今回公開された先行カットのグラビアに関しては先程書いた様に素晴らしいの一言に尽きるほどのハイレベルのグラビアでした。先行カットのグラビアは写真集の紹介と共に写真集を購入してもらうための宣伝でもあるので良いカットが掲載されるのは当たり前と言えば当たり前ですが、今回のグラビアのカットに関しては7掛けで考えても非常にハイレベルなグラビアだと思います。

その作風に不安がある福島裕二さんですが、ハッキリ、クッキリとした明るさを持った単純明快な分かりやすいカットが作品のメインになることが多い彩文館出版愛蔵版品において、福島さんは毎年4~5作品を手掛けていることもあり、彩文館出版の写真集がどのような感じの作品であるかは良く分かっていると思いますので、最近は自分の作風を無理やり押し付けてくるようなことは減った感じです。

また、彩文館出版の作品の中においては JULIAさん などの熟女系やお姉さん系のAV女優の作品を手掛けることの多い福島さんですが、今回の作品のモデルは童顔かつ若さが溢れる可愛らしい美人である青空ひかりさんということで、昔の様に強引なまでに自分の悪い芸術性を前面に出してくることは無いのではないかと今回のグラビアから感じました。

とは言え、福島裕二さんの作品なので、普段の彩文館出版の写真集と比べると陰影強めのカットはそれなりにあるという感じのレベルではなく、結構多いという感じになると思われますので、覚悟しておいた方が良いと思います。また、風景のみという誰が見たいのかが分からないカットは少ないと思いますが、彩文館出版の写真集なので体一部分のアップという実用性の低いカットはそれなりの量があると思います。この点に関しては彩文館出版の作品ではどうしようもないことです。諦めます(笑)。

色々と不安がある今回の青空ひかりさんの1st写真集ですが、先程も書いた様に今回の作品のモデルが若さ溢れる可愛い系美人の青空ひかりさんなので、その雰囲気やイメージを活かした作品になる可能性が高いので、カットの内容としてはハッキリ、クッキリとした明るさを持った単純明快な分かりやすいカットが作品のメインとなる彩文館出版の写真集らしい作品になると思っています。

今回の青空ひかりさんの1st写真集の出来不出来の鍵を握っているは、カットのレイアウト構成になると思われます。彩文館出版の写真集のレイアウト構成については4月13日の記事に書いた深田えいみさんの1st写真集に対する予想記事で書いていますが、マジで酷いという言葉が似あう程にゴチャゴチャ感が非常に強く、カットに集中することができないレイアウト構成になっています。

その構成としては1ページに2~3カットが差し込まれたカットは可愛い方で、1ページに4カット以上が差し込まれたページが数多くありますし、見開き2ページで1カットの特大カットで写し出されるモデルの周りを小さな十数カットで囲んでみたり、カットの背景にそれぞれ大きさの異なる6~7カットを不規則に差し込んだページなど、とにかくゴチャゴチャ感の非常に強いページが存在します。しかもそのような悪い意味でテクニカルな構成のページが作品の4~5割を占めており、カットに集中することが難しいため、写真集自体を楽しむことが困難な作品になる場合が非常に多いです。

ただ、このことについては深田えいみさんの1st写真集に対するレビューを書いた5月5日の記事を読んでいただくと分かりますが、深田えいみさんの写真集においては悪いテクニカルなページが無い訳ではないですが、量的にも、質的にも大幅に改善されています。

今回の青空ひかりさんの1st写真集については、この部分において深田えいみさんの1st写真集でできた流れを最低でも継続、希望的にはよりワンランク上の改善が期待されるところです。果たしてどうなるのでしょうか・・・?ここだけは実物を見るまでは全く分からないというのが実情です。

※ 4月13日の記事はこちらからどうぞ!!

※ 5月5日の記事はこちらからどうぞ!!

青空ひかりさんの1st写真集については・・・

画像引用:青空ひかりInstagram

青空ひかりさんの1st写真集については発売日まであと3日しかないということで、本日ご紹介しているの先行カットのグラビアが”初出し”のグラビアであると共に”最後”のグラビアになると思います。また、青空さんに関しては他のAV女優さんと比べるとSNSでの発信にあまり熱心ではない為、SNSの方にも写真集関連の情報はほとんどありません。そんな中で唯一見つけ出した情報をお見せします。

画像だけを抽出してました。

画像引用:青空ひかりTwitter
画像引用:青空ひかりTwitter

ちなみにですが今回公開された先行カットのグラビアは2枚目にお見せしている画像のシチュエーションのカットが中心にとなっています。私自身はとても良い雰囲気に感じていますが、皆様はいかがでしょうか・・・??(笑)。

青空ひかりさんの1st写真集に関しては本当に情報が少ないのですが、今ここでお見せできる画像としての情報は表紙画像のみとなっていますので、表紙画像をお見せします。

画像引用:Amazon.co.jp

エロチックな中に青空ひかりさんの可愛らしさが表現されていて、個人的には大好きな感じの表紙画像ですし、購入意欲を掻き立てられる効果的な表紙画像であると言えます。こんな可愛らしい笑顔を見せられると購入せずにはいられないというのが本心ですね(笑)。

青空ひかりさんの1st写真集、彩文館出版の作品なので・・・

画像引用:青空ひかりTwitter

本日ご紹介している青空ひかりさんの1st写真集の発売予定日については、どの通販サイトや書籍の情報サイトでも3日後の5月25日となっています。

ここからは私の経験則となりますので十分にご了解の上で読んでいただきたいのですが、彩文館出版の写真集については発売予定日の2~3日前に書店の店頭に並ぶことが多いです。日本全国とは言えませんがその確率は90%くらいの高さだと思います。私は決して大都会に住んでいる訳ではないのですが、私の住む地域の書店でも2~3日までに並ぶことがほとんどです。

通販サイトについては、私は先月の深田えいみさんの1st写真集は購入していますが、彩文館出版の写真集については半年以上購入していませんでしたし、最近の流行り病の関係もあるので正確なことは言えませんが、Amazonに関して言いますと、以前は発売予定日の2~3日前から発送が始まっていた様な記憶があります。ただ、最近のことは分からないというのが私の中の答えです。その他の楽天ブックスやセブンネットについては、発売日を基準に発送していることが多い感じがします。

この記事は5月22日に公開されていますので、もしかしたら本日には書店の店頭に並んでいるかもしれません。早急に入手したいという方は本日、それなりに大きな書店に問い合わせてみるのもアリだと思います。

青空ひかりさんの1st写真集、現状のまとめ・・・

画像引用:青空ひかりTwitter

本日の記事でご紹介した青空ひかりさんの1st写真集については、先行カットのグラビアの印象だけで考えれば100%間違いなく買い姿勢で向かうべき作品だと思います。ただ、前述している様にカメラマンの作風や出版社のレイアウト構成など重要な部分に不安を抱える作品であることも事実です。

事前の情報が極端に少ない作品である上に、個人的な趣味嗜好において不安がある作品なので私個人はまだ決心がついてないのが現実です。私同様、購入を決めかねている方についてはAmazonなどの通販サイトのレビューを読んでから検討するのが安全なのかもしれません。ただ、先行カットのグラビアからの印象と先程お見せした表紙画像からの印象という唯一公開されている情報源から受けた印象はメチャクチャ良いものでハイレベルな傑作となる可能性も十分にあるとも思っています。

そんな私を悩ませる青空ひかりさんの1st写真集のどんな作品なのでしょうか??私が購入した場合、必ず作品のレビューを書きますので楽しみにお待ちください!!

※ Amazon 青空ひかりさんの1st写真集はこちらからどうぞ!!

※ FANZA 青空ひかりさんのDVDはこちらからどうぞ!!

年齢認証 - FANZA
成人向けコンテンツを取り扱うアダルト総合サイト。18歳未満の方のアクセスは固くお断りいたします。

プチ情報!!

画像引用:佐野ひなこInstagram

ご存じの方も多いと思いますが、5月20日に発売された週刊ヤングジャンプの表紙&巻頭グラビアを可愛いビジュアルとナイスなボディーで有名な佐野ひなこさんが飾っています。

ヤングジャンプについては普段は立ち読み派の私あぱですが、その表紙画像に魅せられて購入してしまいました(笑)。中のグラビアの方も表紙画像に負けず劣らずのとても良い感じです。

画像引用:ヤングジャンプ公式
画像引用:ヤングジャンプ公式

最新号のヤングジャンプになりますので、書店やコンビニに行った際には是非手に取ってみてください。よろしくお願いいたします。

本日はこのブログを最後までご覧いただきまして誠にありがとうございます。           今回の記事はいかがだったでしょうか?皆様のお役に少しでも立てば本当にうれしいです。     これからもグラビア写真集とグラビア誌の情報をドンドン発信していきますので               これからもご愛読の程、よろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました