竹内有紀さん、写真集を出すってよっ!!

AV女優

こんにちは あぱ です。本日はこのブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

本日のブログはあの人気AV女優記念すべき1st写真集の発売が決定しましたので、現在分かっている情報のご紹介と共に、それらの情報から導き出される作品に対する現状の予想をあぁ~でもない、こぉ~でもないという感じで熱く語っていきたいと思います。

竹内有紀さん、1st写真集、キタ━(゚∀゚)━!!

画像引用:竹内有紀Twitter

美人お姉さん系のAV女優が数多く所属している大手AVメーカーであるプレミアム専属女優として大活躍中の人気AV女優である竹内有紀さんの記念すべき1st写真集の発売が決定しました。

美人系AV女優を多数そろえている大手AVメーカーであるプレミアムの専属女優として、2019年7月に大々的にデビューし、今現在も人気AV女優として大活躍中の竹内有紀さんの記念すべき1st写真集は、果たしてどんな作品なのでしょうか?

本日の記事では、今現在判明している作品の情報の紹介と共に、そこから導き出される作品に対する現状の予想を熱く語っていきたいと思います。

竹内有紀さんのプロフィール・・・

画像引用:竹内有紀Instagram

この記事のヒロインを務める竹内有紀さんに関しては、このブログ初登場ということで、本日の本題に入る前に竹内さんのプロフィールをご紹介します。

活動名 : 竹内有紀                                      愛称 : ゆきぐみ                                        ジャンル : AV女優                                     出身地 : 日本・山梨県                                    身長 / 体重 : 158㎝ / -㎏                                  スリーサイズ : 83 - 60 - 86( Dカップ )                       AVデビュー : 2019年7月( プレミアム専属女優 )

情報引用:竹内有紀 Wikipedia

竹内有紀さんについてはWikipedia自体は存在するのですが、内容が非常に乏しいので、デビューのキッカケなどは判明しません。ただ、Wikipediaに唯一、記載されていることとしてはAVのサンプル動画を見た際に親近感を抱いたのが業界入りのキッカケのひとつとなっています。

そんな竹内さんは2019年7月に元地方局のアナウンサーの肩書で、美人系大手AVメーカーであるプレミアムの専属女優としてAV女優デビューを果たします。竹内さんは自分と同様、元女子アナの肩書でAVデビューし、大人気AV女優として今現在も大活躍している山岸逢花さんを尊敬しているそうです。

竹内有紀さんはその上品なビジュアルからは想像できませんが、小2~高校3年までバスケット部に所属してい体育会系女子とのことです。竹内さんのSNSにおいては、バスケを楽しむ姿を見ることができます。そんな竹内さんは大学でもバスケのサークルに入りますが、体育会一筋だった竹内さんは、その緩い雰囲気に馴染むことができなかったそうです。その代わりにダイエットを目的にキックボクシングジムに入会します。以降、趣味・特技にボクササイズが加わり、アマチュアの試合に出場したりする程のレベルに上達しています。

そんなストイックな姿勢を持った竹内さんは今後の活躍が期待されるAV女優のひとりであり、これからの活動から目の離せない存在です。

竹内有紀さんの1st写真集、その概要は・・・

画像引用:竹内有紀Twitter

そんな、今後の活躍が期待されている竹内有紀さんの記念すべき1st写真集の概要をご紹介します。

竹内有紀1st写真集の概要

タイトル : 竹内有紀 写真集『 タイトル未定 』                          モデル : 竹内有紀( AV女優 )                                出版社 : ジーウォーク                                     発売日 : 2021年11月25日                                   サイズ : A4版 84ページ たぶんハードカバー                         カメラマン : 篠原潔                                     価格 : 税込み3,850円( 2021年11月、写真集発売日時点 )

-- 紹介 --

セクシー女優写真集

情報引用:版元ドットコム

竹内有紀さんの記念すべき1st写真集の出版元はこのブログではお馴染みとなったジーウォークです。そんなジーウォークはAV女優やグラドルのヌード写真集を毎月2作品ずつ発売しているグラビア写真集の新興勢力的な出版社です。

ジーウォークからの作品をご紹介する時には毎回書いていることになりますが、ジーウォークはグラビア写真集の出版社としては歴史が浅い新興勢力的出版社ですし、モデル的にもデビューして1~2年の知名度が若干低めで、今後が活躍が期待されるAV女優が多いので、ジーウォークの写真集に関してはまだ未経験の方も多いと思います。なので、私からのアドバイスとしては、グラビア写真集としては老舗的出版社である 双葉社 A4版 ハードカバー の写真集を想像していただくと良いと思います。どちらの作品もページ数は80~90ページの範囲ですし、99.9999%の確率でハードカバーですし、価格も税込み3,850円なので、まさにピタッリだと思います。

今回の竹内有紀さんの1st写真集もいつも通りのジーウォークの写真集という感じで、A4版 84ページ となっていますし、AV女優の作品であることを考えますと99.99999%の確率でハードカバーになると思われます。

ジーウォークの写真集の特徴として、毎月2作品が発売されることは先程書きましたが、もう一つの特徴として、2021年8月までは一人のカメラマンが5ヵ月~9ヵ月という長期の期間に発売される全ての作品を担当することが挙げられましたが、5人目のカメラマンとして2021年8月から登場した井出眞諭さんが10月までの3ヵ月間という最短記録を更新したので、正確に書かせていただくと、一人のカメラマンが3ヵ月~9ヵ月という長い期間に発売される全ての作品を担当するということが挙げられます。

そんな最短記録を更新してしまった井出眞諭さんから担当カメラマンを引き継ぐのは、グラビア系カメラマンとして、多くの傑作を世に輩出してきたベテランカメラマンである 篠原潔さん です。ジーウォークの写真集を担当するカメラマンはモデルと同様、これからの活躍が期待されるマイナー系のカメラマンだったので、大ベテランの有名カメラマンである篠原潔さんの登場は個人的に違和感がありますが、非常に喜んでいます。

私が喜んでいる理由として、篠原潔さんは今現在は双葉社が出版元を務めるグラドルの作品をメインに手掛けているのですが、そのほとんどがハズレが無いというよりも、非常にハイレベルな最高傑作と言って良い程の素晴らしい作品となっているからです。篠原さんについて、以前は徳間書店のAV女優の写真集のほとんどを手掛けていたカメラマンですが、ここ2~3年の間はプレステージ出版のデジタル写真集と連動した作品として、AV女優の作品を手掛ける以外は、双葉社のグラドルの作品をメインにして活動していたので、篠原潔さんにとって、この度の竹内有紀さんの1st写真集は本当にお久しぶりのAV女優をモデルにした作品になります。

ジーウォークのの写真集については、カメラマンによりますが、基本的には1ページに1カットの大きめのカットと見開き2ページで1カットの特大カットをメインにした、グラビア写真集の王道と言って良い、非常ストレート感の強いレイアウト構成を用いて作品を制作する傾向にある出版社だと思っています。そして、今回の作品を担当する篠原潔さんは、メインフィールドである双葉社の作品においては、カットの上下や左右に白い余白をとったページや、1ページに複数のカットを差し込んだページなど、最近悪い意味で流行しているテクニカルなレイアウトを施したページを全く使用しないと言っても良いくらいにストレートな構成で作品を仕上げているカメラマンです。私の中にあるジーウオークという出版社に対する感想としては、カメラマンの意向をきちんと反映して作品を制作するタイプの出版社だと思っていますので、双葉社と同様、ジーウォークにおいても、見事なまでにストレートな篠原作品を制作してくれるのではないかという嬉しい予感がしています。

私の心の中では < 篠原潔 × 双葉社 × グラドル最高傑作 > という図式が出来上がっていますが、この度の 篠原潔 × ジーウォーク × AV女優 ≫ という新たな公式がどの様な答えを導き出してくれるのか??今から非常に楽しみになっています。正直言って、ワクワク感が止まりません(笑)!!

竹内有紀さんの1st写真集、現状の予想は・・・

画像引用:竹内有紀Twitter

竹内有紀さんの1st写真集については、発売日まで、まだ2ヵ月あるうえに、出版元がジーウォークということで先行カットなどの情報は全くありませんので、早速、現状での作品の予想に入っていきたいと思います。

いつもならば、作品に対する不安点として挙げられる " レイアウト構成 " の部分については、前の章でタップリと語った様に、出版社的にも担当カメラマン的にもストレートな構成になりそうです。担当カメラマンである篠原潔さんの意向を強く反映し、双葉社並みのレイアウト構成を用いたとしたら、カットの上下や左右に白い余白をとったページや、1ページに複数のカットを差し込んだページなど、最近悪い意味で流行しているテクニカルなレイアウトを施したページは全くと言って良いレベルで使用されない可能性があります。

また、出版元であるジーウォークについては、元々、全体84ページに対して、悪い意味でテクニカルなレイアウト構成を用いたページが5ページ程度しか使用されてないストレート感の強い作品を以前は制作していますし、最近の作品ついても、以前と比べると悪い意味で流行しているテクニカルなレイアウトを施したページが増えたとはいえ、他社の作品と比べると、非常にストレートなレイアウト構成を用いて作品を制作する傾向にありますので、色々な意味において、今回の竹内有紀さんの1st写真集については、レイアウト構成の部分においては心配していないというのが正直な気持ちです。

となりますと、作品の出来不出来のカギを握っているのは " カットの内容 " となる訳ですが、篠原潔さんの作風としては、パワフルさを感じる程のハッキリ、クッキリとした明るさを持った単純明快な分かりやすいカットで作品を制作します。明るいカットをメインにして作品を制作するカメラマンは数多くいますが、篠原さんについては " 極端 " という言葉が似合うくらいにハッキリ、クッキリとした明るさを持った単純明快な分かりやすいカットしか使用しないという印象が強いです。

篠原潔さんに関しては、私が見る限り、メインフィールドである双葉社のグラドルの作品において、自然、不自然に関係なく、陰影のあるカットが作品に使用された記憶がありません。以前のメインフィールドであった徳間書店のAV女優においてもそんな感じでした。篠原さんの作品で陰影のあるカットが使用されているのはデジタル系と連動しているプレステージ出版の作品のみというのが私の印象です。

篠原潔さんは、そんなパワフルなまでにハッキリ、クッキリとした明るさを持った単純明快な明るいカットを用いて、モデルの目線をシッカリと感じることのできる表情肌の弾力と質感をキチンと表現してくれるので、表情をはじめとした、モデルの様々な魅力が見る側の心の奥底まで染みわたってきます。今回の竹内有紀さんの1st写真集においても、篠原さんの本領が発揮されたカットで竹内さんの美しいビジュアルが表現されていると思うと今からワクワク感が止まりません(笑)!!

あくまでも、篠原潔さんのメインフィールドである双葉社のグラドルの作品のカットの内容が踏襲されることを前提にして考えていますが、本日紹介している竹内有紀さんの1st写真集のカットの内容については、" 不安感は全く無く、楽しみな気持ちでいっぱいです " というのが、私の今時点の正直な気持ちです。

あくまでも、情報が全く無い現状の予想にはなりますが、今回の竹内有紀さんの1st写真集についてはレイアウト構成的にも不安感が無いうえに、担当カメラマンのである篠原潔さんのいつもの作風通りならば、カットの内容的にも相当ハイレベルな作品になりそうです。マジで " 最高傑作 " となる可能性も十分にあると思っています。

竹内有紀さんの1st写真集、今後の動向は・・・

画像引用:竹内有紀Twitter

そんな " 最高傑作 " の予感が漂う竹内有紀さんの1st写真集に関する情報公開の今後の動向ですが、いつものジーウォークの作品と同じパターンならば、発売日まで1ヵ月に迫ったくらいになった時点で、通販サイト世界最大手の Amazon の個別ページにおいて、表紙画像を含めた10カット程度の先行カットの画像が公開されます。

そんな中で最悪のパターンとして考えられるのは、先行カットの画像の公開が Amazon のみで終わることです。そうなりますと、後は Twitter Instagram というSNSを利用して、竹内有紀さん自身がどれくらい頑張ってくれるのか?にかかってきます。

雑誌に掲載される先行カットのグラビアについては非常に期待薄というのが私の正直な気持ちです。ジーウォークが出版元を務める作品に関しては、写真集の発売日間近に発売される週刊実話の後ろの方に2~3ページの先行カットのグラビアが掲載されるというのが私の印象です。性が悪いのは発売される全ての作品の先行カットの画像が掲載される訳ではないということです。ジーウォークは毎月2作品が発売されますが、先行カットのグラビアが掲載されるのは良くてどちらか1作品ですし、酷い時はどちらも掲載されません。

ただ、これまでのジーウォークの写真集はデビューして1年くらいで、まだメジャーになっていないAV女優がモデルになることがほとんどだった為、知名度的に弱い部分があったので、週刊実話サイドとして、その様な扱いをしただけであり、この度の作品のモデルを務める竹内有紀さんは2年のAV女優としての活動によって、確かな人気と知名度を確立した有名人気AV女優の一人なので、今までとは違うパターンになる可能性も十分に考えられます。

個人的な意見としては、週刊実話 に先行カットのグラビアが掲載されることは間違いないと思っています。また、週刊大衆週刊アサヒ芸能 の可能性も低いですが、それなりにあると思います。また、コンビニなどに置いてある、月刊や隔月刊の エンタメ情報誌 の可能性は割と高いと思います。また、意外なところですが、結構な確率で可能性が高いのが 週刊現代週刊ポスト だと思っています。以上のこれらの雑誌についてはシッカリとしたチェックが必要がなります。

竹内有紀さんの1st写真集、本日のまとめ・・・

画像引用:竹内有紀Instagram

本日の記事で紹介しました竹内有紀さんの1st写真集は、モデル良し、カメラマン良しのうえに、色々な要素において非常にハイレベルな作品になる可能性を秘めており、" 最高傑作 " の予感を十分に感じさせるとても楽しみな作品です。

そんな竹内有紀さんの1st写真集については、私を含めた多くの方が注目していると思われますので、今後もどんな小さなことであっても、何か新しいことが分かり次第、このブログでバンバン書いていきたいと思います。楽しみにお待ちください!!

Amazon 竹内有紀1st写真集 はこちらからどうぞ!!

警告:アダルトコンテンツ

Amazon 竹内有紀1st写真集 DVD+生写真付き はこちらからどうぞ!!

警告:アダルトコンテンツ

ジーウォークの写真集の記事のリンクです。

 4月24日の記事はこちらからどうぞ!!

 5月16日の記事はこちらからどうぞ!!

 6月20日の記事はこちらからどうぞ!!

 6月27日の記事はこちらからどうぞ!!

 7月5日の記事はこちらからどうぞ!!

 7月11日の記事はこちらからどうぞ!!

 7月18日の記事はこちらからどうぞ!!

 8月1日の記事はこちらからどうぞ!!

 8月9日の記事はこちらからどうぞ!!

 8月12日の記事はこちらからどうぞ!!

本日のプチ情報・・・!!

画像引用:桃月なしこInstagram

それでは " 本日のプチ情報 " です。

来週月曜日、9月27日に発売される 週刊ヤングマガジン No.44号 の表紙画像が公開されました。

週刊ヤングマガジン No.44号 の表紙&巻頭グラビアを飾るのは今や日本を代表する人気グラドルに成長した 桃月なしこさん です。

画像引用:ヤングマガジン公式

多くの雑誌の表紙や巻頭グラビアを飾っている桃月なしこさんですが、久しぶりのヤングマガジン登場です。

桃月なしこさんについては、1st写真集がグラドルの写真集としては珍しく、重版を重ねる程、爆発的に売れていることから見ても、桃月さんが日本のグラドル界においてしっかりとした地位を確立したことが伺えます.

そんな桃月なしこさんが表紙&巻頭グラビアを飾る 週刊ヤングマガジン No.44号 は週明け月曜日、9月27日 に発売される最新号になりますので、書店やコンビニに行った際には必ず手に取ってみてください。よろしくお願いします。

本日はこのブログを最後までご覧いただきまして誠にありがとうございます。           今回の記事はいかがだったでしょうか?皆様のお役に少しでも立てば本当にうれしいです。     これからもグラビア写真集とグラビア誌の情報をドンドン発信していきますので               これからもご愛読の程、よろしくお願いいたします。

それでは あぱ でした。

タイトルとURLをコピーしました