武田玲奈さんの最新フォトブックが期待させすぎ!!

2020年4月24日

スポンサーリンク

こんにちは さゆぞう です。

本日はこのブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

最後まで読んでいただけるように全力で頑張りたいと思います。

本日のブログは

チョット遅めの情報となりますが

4月15日に発売されたグラビア誌に

私が大注目している作品からの先行カットのグラビアが掲載されましたので

その話題をメイン記事にして

いつも通りの個人的趣味に走ったプチ情報を併せた2本立てで

アッサリだけど良い感じの後味が残る情報をお届けします。

武田玲奈3rdフォトブック、先行カットのグラビア!!

引用:https://twitter.com/HustlePress

それでは早速、本日のメイン記事からです。

4月15日に発売されたラグジュアリー系グラビア誌の

blt graph.vol.54号 に

4月25日に発売される

武田玲奈さんの3rdフォトブック からの

先行カットのグラビアが掲載されました。

今回の武田玲奈さんの3rdフォトブックに関しては

昨日の記事でお伝えした

今週発売される作品の中において

一番注目度合いの高い ◎銘柄 に挙げているのもかかわらず、

全く触れていなかったのは

Amazon で注文した blt graph.vol.54号 が

4月19日にコンビニに到着するので

先行カットのグラビアの感想を個別記事として書きたかったからです。

今回のグラビアは・・・

引用:https://twitter.com/rena_takeda

本日の 武田玲奈さんの3rdフォトブック に関しては

3月16日、4月11日のブログでメイン記事として採り上げています。

武田さんのプロフィール については

3月16日のメイン記事で熱く語っていますので

そちらを読んでいただくとして、

本日の記事としては

先行カットのグラビアの感想を中心にしていきたいと思います。

この度、blt graph.vol.54号 に掲載されたグラビアは

12ぺージ、13カットの特盛グラビアです。

今回のグラビアは

1ページがインタビュー記事と1カットの複合ページとなっていますが、

その他の11ページはノーマルなグラビアとなっています。

グラビアの全体的な構成としては

1ページに3カットがレイアウトされたページが1ぺージ、

見開き2ページで1カットの特大カットが1カット、

そして、残りの全9カットは

1ページに1カットの大きめのカットとなっています。

今回のグラビアについては

横顔のカットなどもありますが

全13カットで武田さんの表情を確認することができます。

また、13カット中の8カットが

武田さんの目線がシッカリとこちらを向いたカットとなっているので

武田さんの可愛いビジュアルの魅力をとても強く感じることができます。

武田玲奈さんの3rdフォトブックである タビレナ trip3 については

グラビア系テレビ情報誌である B.L.T.に連載されている

武田玲奈さんの旅紀行である タビレナ で使用されたカットを含めて、

国内で撮影された全てカットを 岡本武志さん が担当し、

この3rdフォトブックの為に 韓国 で撮り下ろされたカットを

人気カメラマンの 佐藤佑一さん が担当しています。

今回のグラビアについては佐藤佑一の名前が記載されていますので

韓国で撮影された撮り下ろしグラビアの一部です。

今回のグラビアについては

佐藤佑一さんの作風である

ハッキリ、クッキリとした単純明快な明るいカットをメインにすると共に、

blt graph.vol.54号 の表紙画像で使用されている様な

昼間の室内で撮影された自然な陰影を使用したカットや、

柔らかい雰囲気をもった自然の明るさの明るいカットなど

フォトブックとは思えない程、カットの種類が豊富です。

それではここで、

blt graph.vol.54号 の表紙画像をお見せします。

〈 通常版 〉

引用:https://twitter.com/BLTTV

〈 Amazon限定 〉

引用:https://twitter.com/BLTTV

お見せした画像については表紙画像なので、それなりに明るいカットとなっていますが、

このシチュエーションに関しては自然な陰影を使用したカットがあります。

たしかに陰影を使用したカットはありますが

あくまでも自然な陰陽なので、

武田さんの魅力を半減させるようなものであはりません。

また、今回のグラビアの85%近くが明るいカットとなっているので

陰影のカットがあることで明暗のギャップが生まれ

武田さんの印象をより強く感じることができます。

今回のグラビアについては

カット自体のレベルが高いだけでなく

13カットのグラビアとして1つの世界ができていると言って良い程、

非常に素晴らしいグラビアとなっています。

武田玲奈3rdフォトブック、その概要・・・

引用:https://twitter.com/takeda07111

それではここで、

武田玲奈さんの3rdフォトブックの商品概要をお見せします。

武田玲奈 3rdフォトブック

タイトル  : 武田玲奈3rdフォトブック『 タビレナ trip3 』
モデル   : 武田玲奈( 女優、モデル )
出版社   : 東京ニュース通信社
サイズ   : A4変型 ( B.L.T.公式サイト )
カメラマン : 岡本武志・佐藤佑一
ロケ地   : 沖縄・宮崎・伊勢志摩・韓国
発売日   : 2020年4月25日
価格    : 税込み 2,200円 

この情報については4月11日のメイン記事にも書いていますが

残念ながら、今のところ新情報は全くありません。

武田玲奈3rdフォトブック、その傾向と対策・・・

引用:https://twitter.com/harujiji6

武田玲奈さんの3rdフォトブック については

3月16日、4月11日の2度のメイン記事において

非常に強気な予想を語ってきましたが、

この度の blt graph.vol.54号 のグラビアを見て

その気持ちはより強いものとなっています。

国内で撮影されたカットについては

事前予告では未公開カットがあるとなっていますが

タビレナ の中の掲載されたグラビアと大きく異なる作風になるとは思えませんので

ハッキリ、クッキリとした単純明快な明るいカットで

武田玲奈さんの表情の魅力を強く感じることのできるカットとなると思います。

また、この記事でご紹介した

3rdフォトブックの為に新たに撮り下ろされた韓国編については

ハッキリ、クッキリとした単純明快な明るいカットとメインにしながら、

それと共に、様々な雰囲気を持ったカットを駆使し、

武田さんのビジュアルの魅力を強く感じさせてくれると予想しています。

そんな武田玲奈さんの3rdフォトブックについては

カット的なことだけ言いますと

相当ハイレベルな作品になりそうな予感がプンプンしています

武田さんの3rdフォトブックについては

カットの内容的には問題ないと思われますので、

勝負のカギを握るのは 構成 になると思います。

構成 については

上下や左右に余白のあるカットは使用されると思いますが、

1ぺージに複数のカットをレイアウトしたぺージについては

サイズ的に考えると相当少ない、または無いかもしれません。

そんな、武田玲奈さんの3rdフォトブックとなる 

タビレナ trip3 の構成については

今回の作品の前作にあたる 

タビレナ の trip1 と trip2 の両方を保有している私の予想としては

バランスの良い、キチンとした構成の作品に仕上げてくると思っています。

武田玲奈さんの3rdフォトブックを総合的に予想してみますと、

レベルが高いカットをバランスの良い構成で仕上げた

本当に素晴らしい作品になると思っています。

武田玲奈さんの3rdフォトブックについては

4月24日に発売される 

B.L.T.2020年6月号 に

最後の先行カットのグラビアが掲載されると思います。

他の雑誌については

もしかしたら、

FLASH または FRIDAY のどちらかに掲載されるかもしれません。

ただ、確率的には非常に低いと思われます。

そんな、武田玲奈さんの3rdフォトブックについては

今週の私の大注目作品となっていますので

今後もその情報の大小にかかわらず、

何か新しい情報が入手でき次第、

このブログでバンバン発信していきたいと思います。

武田玲奈さんの待望の新作となる3rdフォトブックです

 武田玲奈さんの3rdフォトブックに関連した内部リンクです。

※ 3月16日のブログはこちらからどうぞ!!

※ 4月11日のブログはこちらからどうぞ!!

スポンサーリンク

本日のプチ情報!!

それでは本日のプチ情報です。

本日4月20日に発売される

週刊ビッグコミックスピリッツ No,21号 の

表紙&巻頭グラビアを飾るのは

乃木坂46の 梅澤美波さん です。

その表紙画像をここでお見せします

引用:https://bigcomicbros.net/magazine/spirits/

昨日のプチ情報でお知らせした様に

同じく、明日4月20日に発売される

週刊ヤングマガジン No,21号 の表紙&巻頭グラビアは

梅澤さんと同じ乃木坂46の 白石麻衣さん です。

4月20日は

乃木坂が誇る  の共演となります。

活動自粛の時期ではありますが

誰がどう考えても要チェックとなりますので

よろしくお願いします。


本日の記事は以上となります。

この記事やブログに対する感想や皆様がお持ちの写真集情報を

コメント欄から頂ければ本当に嬉しいです。

心よりお待ちしています。

本日はこのブログをご愛読いただきまして

誠に有難うございます。

次回も全力で頑張りますのでよろしくお願いします。

さゆぞう でした。

スポンサーリンク